就活

1/2ページ

知っておきたい!就活の最低限の電話マナー

メモを取る準備をしよう 就活を行っていると企業に電話をかけなければならないこと、企業から電話がかかってくることがありますが、その際にはメモを準備しておきましょう。OB訪問やOG訪問の日程、選考の日時などを電話で決めることも多く、メモを取っていなければ日にちや時間を間違ってしまう恐れがあります。 特に、自分からかける場合はメモ用紙と筆記用具を準備してから電話をかけるようにしてください。 企業からかか […]

就活で使える!「学生時代に頑張ったこと」書き方とコツ

まずは結論から書くこと 就職採用担当者は、毎日送られてくる何百通、下手すると何千通もの就活のための履歴書や経歴書を読む事が日課になります。そのため、文章の最後まで読ませるためには相当の文章能力と、起承転結のある読むのが楽しくなるような構成力が必要になります。 これは文章を書く事を仕事にしていても難しい事ですし、ましてや似たような経歴を持つ学生がたくさんいる中でひときわ目を引く経歴書を書く事はかなり […]

後悔しない就活をしよう!

就活に後悔したことはありますか? 就活を無事に終えたものの、実際に働き始めてからすべての方が充実した日々を送っているわけではありません。中には働き始めたものの、すぐに転職を検討する方も多くいます。転職を検討する最大の理由となるのが、就活の結果に後悔しているからです。 ここで問題になるのが、人々が後悔している理由にはどのような点があげられるのかということです。 理由を把握していることで、これから就職 […]

第一印象を変える!就活メイク

就活メイクで気をつけること 就活メイクでは第一印象が大切です。個別面接になると20分程度になることもありますが、集団面接では一人にかける時間はわずか数分しかありません。 その短い時間で好印象を残すうえでお化粧は大きな武器になります。 学生生活においてメイクは自分をおしゃれに見せるため、かわいく見せるためにしてきたかもしれません。しかし就活メイクで最優先すべきは身だしなみです。 社会人として、その場 […]

就活の手続き

就活に必要なものは? 就活に必要な手続きとはどういったものがあるでしょうか?就活とは企業に就職するための活動です。そのためには「自己分析」と「企業研究」が求められます。「自己分析」とは自分の価値観や強み、弱みを知ることです。これまでの学生生活を振り返って、どんな経験をして、何を学んだのかをチェックします。 大学の講義や課外活動で得た知識や経験を書き出して、まとめてみます。自分がどんなことに興味を持 […]

履歴書の書き方マニュアル!

履歴書の書き方 集団面接と聞くと個別面接よりハードルが低いと思うかもしれません。 就職や転職をするにあたって履歴書の書き方は誰もが悩むところですが、書き方において一般的な意味でのマニュアルは存在しません。 履歴書は、自身の経歴や現在の状況、応募先の企業などによってベストになる内容が異なるからです。 日本の企業の採用選考に応募する人の多くは、コンビニや文房具店で販売されている職務経歴書などが一体にな […]

必須!転職活動の電話の掛け方

口コミをよく見ますか? 企業は転職の採用を行う時に、もちろん応募者から提出された応募書類などが判断材料のメインではありますが、電話対応から受ける印象なども選考に影響していることは間違いありません。しっかりそこで好印象を与えることでより、採用に近づくことができるのです。ですので、気軽に電話をかけたりはせずしっかりと事前準備を行うようにしておきましょう。 電話の対応の理想としては、しっかりとマナーをわ […]

転職の時に困ること

転職の時に困ること 入ってみたらなんだか思っていたのと違う、サービス残業が多すぎる、人間関係がギスギスしていて辛い、キャリアアップのために転職したい。 それぞれ転職をしたい理由は違うと思いますが、準備をしておかないと大変になるのは全員同じです。取り敢えずもう嫌だ!と言っていきなり辞めてしまうのはかなりリスクが大きい行為になります。 転職しようと思って会社を辞めた後、転職活動中にどんな困ることがある […]

転職サイトの口コミ

口コミをよく見ますか? 転職したいと考えたとき、誰しもが次の転職先では失敗したくないと思うものです。自分のスキルや経験に自信がなくても、それでも以前よりはいい思いができるところへ就職したいと願うでしょう。ですから失敗したと思わない転職にするためにも必要になってくるのが転職サイトなどの口コミです。 口コミは転職サイトに限らずネット通販の買い物にもよくよく見られることもありますが、多くの人の意見、感想 […]

封筒の入れかた(履歴書)

封筒を用意しよう!(サイズや色に関して) 履歴書を入れる封筒は、郵便の規格の則っているサイズで先方までしっかりと届けることができれば様式は何でも構いませんが、先方に気持ちよく受け取って見てもらうために折らずに送ることが大切です。 昨今では古い風習はあまり気にしない傾向にありますが、折れ目の付いた書類は平らにして見たり保管する際に先方に手間をかけてしまう実務面の問題だけではなく、あきらめたり負けてし […]