配偶者控除とは

そもそも配偶者特別控除とは? 配偶者控除とは、配偶者がいて収入が一定額を下回る場合に所得税の計算上、所得から一定金額を差し引ける制度です。差し引けば課税所得が少なくなりますので、納付すべき所得税や住民税が少なくなります。 パートで働く主婦は扶養控除を受けられるように収入を上手く調整しようとしますが、それは一定額を超えると配偶者控除や配偶者特別控除の枠から外れてしまうからです。 これまでは扶養控除で […]

面接で「長所」をアピールしよう!

長所をアピールする理由 長所とはその人物が持つポジティブな部分であり、コンパクトにまとめられた自己紹介です。自分自身の持つ技術や性格や過去のキャリアを正しく伝える事で、就職活動の成功率は向上します。 いわゆるキャッチコピーのように自分の長所をアピール出来るようになっておけば、それだけで競争力が得られます。 企業の面接官は大量の応募者と顔を合わせます。自分の長所を短時間でアピールする事が出来る人材の […]

派遣社員でも無期雇用ができる?

派遣社員でも無期雇用があるの知っていますか? 派遣社員は仕事がなければ給料が発生しないと見られがちですが、無期雇用派遣というものがあり仕事がなくても給料が発生するシステムがあります。 無期雇用派遣は会社との間に期限を定めることなく、雇用契約を結んだ上でスタッフとして働く仕組みのことを言います。 契約に対して切れ目がないので収入が安定したり、一つの企業や部署で安定して長く勤めることができるので。スキ […]

講師派遣をしてみたい!必要なスキルは?

講師派遣必要なスキルは? 講師派遣は、たくさんの人が集まる研修会やイベントの主催者から派遣依頼がないと事業は成り立ちません。初心者ばかりだと知名度も低い上に、同じようなジャンルの講師は腐るほどいますから、仕事もない状態になります。 必要なのは、人材と信用と実績で、とにかく企業・学校・団体などの目につくように宣伝告知を張り巡らすことが大事です。 そのためには、自社のホームページをつくって、ひとりひと […]

面接で上手く答えるポイントは?

面接で上手く答えるポイント 就職や転職だけではなく、アルバイトを始める時であっても面接は避けて通ることは出来ません。しかし面接を受けること自体は人生で決してたくさんある機会ではないので、いざ受けることになった際にその受け答えに悩む方は多いです。 専門書やネット上では多様なテクニックが紹介されているので、実際に自分が何を取り入れたら良いのか考えだすと面接がとても苦手なもののように感じることもあるでし […]

医療事務に必要なこと

そもそも医療事務はどんな仕事? 受付、保険登録、カルテ管理、電話対応、計算、会計と大まかに説明するだけでも幅広い業務内容になります。 患者様が来院されて一番に対応するのも医療事務員であることが多いでしょうし、お問合わせなどの電話対応や診察後の計算、会計もそうです。 いわば病院の顔です。 医師とカルテを共有する場もあるため医療内容や専門知識に詳しくはなりますが、あくまで事務員ということをわきまえる必 […]

医療事務でのステップアップ

医療事務のキャリアアップするためのポイント 医療事務で働くための資格はありません。 しかしながら、様々な資格を取得することは自らの能力を裏付けるために重要となります。 医療事務として働く傍ら、キャリアアップを実現するために資格の勉強をしている方も多いです。キャリアアップするための方法は資格の取得だけというわけではありません。 例えば実践を積んで様々な経験をすることもキャリアを高めることに繋がります […]

派遣社員でも社会保険に入れるの?

そもそも社会保険とは? 社会保険は社会保障制度で、国民の生活を保障するための制度です。一定条件を満たしていると、法律によって加入することが義務付けられています。 本人と事業主で保険料を負担し、全額本人負担になる国民健康保険と比較すると個人負担が少ないです。いろいろな種類があり、健康や厚生年金、雇用や労働者災害補償、介護などがあります。 例えば健康保険の場合、病気や怪我などをした際経済的な負担を軽く […]

所定労働時間と法定労働時間の違いとは

所定労働時間と法定労働時間の違いとは 所定労働時間と法定労働時間に関しては、残業について取り決めをする36協定の際に記載するようになっており、どのような違いがあるのかわかりにくい部分があります。 まず所定労働時間は労働者が働く時間であり、会社にある就業規則、または雇用契約書に記載されている始業時間から終業時間までの時間から、お昼休憩などを引いた時間をさしています。ほとんどの企業では8時間労働である […]

転職に必要な手続きは?準備物を確認しましょう!

退職に必要な準備物 退職したい時には退職願などを書いて提出するイメージですが、それ以前にも手順があります。まず、法律では退職の申出から最短2週間で退職が認められると定められていますが、2週間だと企業側としては慌ただしくなりがちです。 不備が生じないよう円満退職が理想のため、まずは退職希望日の2週間前〜1ヶ月前までに退職する意思を申し出ましょう。退職願をいきなり出すことは基本的にせず、意思を伝えるこ […]

1 8