職歴の空白期間をプラスに変える例案

職歴の空白期間をプラスに変える例案

空白期間の理由は誤魔化さないこと!

職歴の空白期間がないのが好ましいですが、訳あって空白になることは誰にでもありえます。

理由は人それぞれですが、大切なのは決して誤魔化さないことです。
嘘がバレてしまうと気まずくなりますし、印象を悪化させかねません。

誤魔化して最後まで切り抜けられればよいですが、どこかでバレてしまう可能性があります。

どのような理由であっても、正直に伝えることで誠実性を評価してもらえることがあります。

ここは企業側の裁量や考え方によって異なってくる部分ですが、正直に伝えてダメだった場合は自分には合わない案件だったと諦めることが必要です。
嘘というのは習慣化する性質があり、何度もついていると嘘を誤魔化すための嘘をつくようになるのです。
そうなると非常に厄介ですから、いつ何時も嘘はつかないと決め込むことが大切になります。

誠実に理由を伝えたならば、あとは結果に委ねるしかありません。

いずれにしても面接のプロに誤魔化は通用しないと考えてください。

空白期間例:今後どうしたいかを話す

人にとって大切なのは過去よりも未来であり、今後どうするかが重要になってきます。

職歴の空白期間が長くて悩んでいる人は多いですが、将来に向けた話をしていく例案で乗り切りましょう。
なぜこの会社に入りたいと思ったのか、将来的にどうなりたいのか、などの例を示しておくのが好ましいです。

これらの例案は抽象的ではなく、なるべく具体的に話しておく必要があります。

話に具体性を持たせることで説得力が生まれるので、そこで信頼性を勝ち取ることができます。
信頼できる人物かどうかは会話内容から判断されることが多いので、自分の意志をしっかりと持っておくことが重要です。

転職をするうえで多く用いられる例案はキャリアアップであり、さらに上のステージを目指すために転職を希望するという理由を提示する人が多いです。
職歴に空白期間があっても、やる気を評価されれば採用してもらえる可能性は大いにあります。

大切なのは熱意とモチベーションを企業に伝えることです。

空白期間例:資格取得を目指していた

資格取得のために職歴が空白になっていた例案では、企業側からマイナス評価される確率は低いです。
漠然と働きたくなくて仕事を休んでいた場合はマイナス評価になりますが、資格取得が目的だと伝えれば納得してもらえる場合が多いです。

例えば業務独占資格を必要とする仕事は、資格なしでは業務に就くことができません。
登録販売者を募集しているドラッグストアに転職する状況で、登録販売者になるために資格取得を目指していたと伝えて、マイナスに評価されることはないでしょう。

ただし業務とは無関係の資格取得に時間を費やしていた、趣味のために資格を取得した、などの状況においては必ずしもプラス評価にはなりません。

建設業界に転職するのに登録販売者の資格を取得していたと伝えても説得力はないでしょう。
転職をするときに注意したいのは、仕事から逃げるために転職をしないことです。

ここがバレてしまうと忍耐力やコミュニケーションスキルの乏しい人材だと思われかねません。

資格取得に時間と労力を費やすのは有意義なことですが、いつかは仕事をしなくてはいけないのです。
仕事から逃げるための口実だとバレれば、決してよい評価は受けないでしょう。
面接官は求職者が想像しているよりも洞察力が優れています。

空白期間例:リフレッシュをしていた

趣味

職歴が十分にあるのならば、空白期間をリフレッシュ休暇と伝えておくのもありです。
人生においてリフレッシュをする期間は必要であり、蓄積した疲労とストレスを解消して仕事への意欲を向上させるメリットがあります。
仕事が大好きと自負する仕事人間は少なくありませんが、どのような仕事であっても責任を伴います。
つまり趣味を楽しんでいる状況と比較し、疲労やストレスの度合いは違ってくるのです。

特にストレスは無意識のうちに蓄積していくケースが多く、自律神経失調症などの原因にもなります。
肉体的な疲労は睡眠をしっかりと取れば解消しますが、精神的な疲れは簡単には抜けません。

一生懸命に職務をこなしてきたならば、リフレッシュ休暇を取るのは悪いことではないです。
職歴が空白の期間中は自宅療養していた、気分転換のために海外旅行をしていた、思いきり趣味を楽しんでいた、などの理由は至って健全です。

少子高齢化の時代では高齢になっても働くことが当たり前になりつつあります。
その期間は非常に長いものですから、職歴に数年のブランクがあっても大丈夫です。

ただし職歴がほとんどない状態にあるなら、リフレッシュ休暇をしていたと伝えてしまうとマイナス評価になる可能性が大きいので注意してください。

まとめ

職歴に空白期間があるからと言って嘘をつくのはタブーです。

誤魔化しても面接官にバレてしまう可能性があり、そうなれば心証を悪くしてしまう可能性があります。
空白がある理由は嘘をつかずに明確に話し、そのうえで今後のことを伝えていきましょう。

今までの出来事よりも、これからの事柄のほうが大切です。

職歴の空白期間における理由でマイナス評価になりにくいのは、資格取得のための空白です。
特定の職業に就きたくて、資格を取得していたというケースは多々あります。リフレッシュのための長期休暇に関しても、特に問題なしと判断する企業が多いです。

人生100年時代と言われる現代では勤務年数も長くなるのが当たり前ですから、リフレッシュ休暇を設けるのは悪いことではありません。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事ノウハウカテゴリの最新記事