他己分析は何をしたらいいの?

他己分析は何をしたらいいの?

他己分析をすることは必要なの?

就活をする際に自分の分析する方が多い傾向ですが、それだけだと自分のみの視点になってしまうので偏りが生じがちになってしまいます。

そのような時に活用できるのが他己分析です。
他己分析なら自己分析との間でどれくらいの隔たりがあるのか知ることができるのでおすすめです。

面談の際にも役に立ちます。

これは主観的になりがちな自己分析を補完する特徴を持っています。
他にも自身だけでは気づくことができない短所や長所を知ることができたり、自己分析との差を確認することができます。
自己分析だけだと自分自身のこだわりや思い込みが入ってきやすくなるからです。

さらに自己分析だけだとストレスになるのを避けるために、自分の嫌な部分を見ないことが多いです。
しかしそれだと自分のことをしっかり知ることができなくなってしまうので、他己分析を行うことは有効であるといえます。

このような特徴があることから、これらを行うのは必要です。

しっかりと行って有効に活用するようにしましょう。

他己分析のメリット

他己分析のメリットは、客観的データを得ることができる点です。

客観的データによって自分自身を知ることに深みを増すことができ、それを面談でも活用することができます。
また普段あまり接したことがない人に他己分析を依頼することで、自分や自分の周りから得られないような客観的なものを得ることができます。

面談をする際の面接官は初めて会う人なので、そのデータはとても役に立つのではないでしょうか。

そのような客観的なデータをたくさん集めて、面談でどのようなことを言われても活用できるようなマインドにしていくことが大切です。
ただし、考えるのが苦手な人は大変になってしまうことがあるので、そのような人はたくさんのデータを集めすぎないことがポイントになります。


他にも他己分析のメリットは、自分に自信がつくことです。
なぜなら他の人に短所だけでなく自分の長所を教えてもらうことができるからです。

それによって自信がつき、次のステップに進むことができます。

誰にどんな質問をしたらいいの?

他己分析を利用する場合は、複数の人に自分に関することを依頼するのがポイントになります。
複数の人に質問することによって多面的に自分を知ることができます。

なぜ人数はできる限り多い方がいいのかというと、自分への意見が集まって、自分がどのような存在なのかを見えやすくなるからです。

また1度した人であっても、1週間後にまた同じことをすると別の意見を聞ける場合があります。

したがって2回以上同じ人に質問することを検討してみるのも有効です。

どのような質問をすればいいのかというと、自分の長所や短所、第一印象はどのように思ったかなどです。
他に現在の印象や改善点があればどのように改善すればよいかなどを聞いてみるのもいいでしょう。

他己分析は誰に質問すればいいのかというと、まずいつも自分の身近にいる親や友人などに聞いてみるのがおすすめです。
このような自分のことをよく知っている人に質問することによって、他の人に自分がどのように見られているかを知ることができます。

まとめ

他己分析は自己分析では補えきれない他の人の目線を補うことができるので、終活や転職の際に有効であると言えます。
自分だけでは気づきにくい長所や短所を知ることができるので、自己分析を深める効果があります。

他己分析のメリットは、客観的データを得られる点です。

客観的なデータをたくさん集めることによって自分をさらに深く知ることができ、短所があればそれの改善策を事前に考えることができるので、面談を行う際の自信につなげることができます。

他己分析を行う際には複数の人に自分の長所や短所、第一印象などを聞いてみるのがおすすめです。
まずは親や友人など身近な人に質問してみるのがいいでしょう。

それによって自分を知る手がかりになるかもしれません。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事・働くカテゴリの最新記事