キャリアアップは必要なの?

キャリアアップは必要なの?

キャリアアップとは?

キャリアアップというと契約社員から正社員に雇用形態が変更になることや、役職についてなかったものが、係長や課長になり昇進したり昇格することをキャリアアップと一般的にはいいます。

このキャリアアップをするためには本人の努力ももちろん関係ありますが、将来どうなりたいのかという明確なビジョンというものを自分自身が持っていないと簡単には出来ないものです。

そのためにも具体的な目標の設定や期間を決めて、それに向かって自分のスキルや経験を生かして働くという事がキャリアアップというものの本質です。
今の仕事の環境の中でもしも自分が目標としているものがなければ、配置転換や転職なども視野に入れながら前向きに考えていくということもキャリアアップに繋がります。

このようにキャリアアップと一言で言ってもその立場に応じて違うものであり、環境によって左右されるものなのです。

スキルアップとの違い

このようにキャリアアップというと、今いる環境や立場に応じてステップアップしていくものなのです。
スキルアップというのは、自分がいる環境であったり立場などに関係なく自分自身のスキルを高めていくということです。

言葉としては似ているのですが、スキルというのはどのようなことであっても、頑張れば頑張るだけアップしていくものであり、努力すれば止まることなくアップし続けることも出来ます。
キャリアアップは環境に影響されるのに対して、スキルアップというのは仮に今いる環境と関係のないもののスキルを上げたとしても、職場での評価されるべき対象にはならないという点です。

そのため、どれだけスキルアップをしてもそれを活かせる場所が無ければキャリアアップして、高い地位になったり年収がアップするということにつながらないという点があります。

技能や技術を高めることなので、昇進などに直結していくようにも考えられそうなのですが、その点に関しては厳しいようです。

キャリアアップが必ず必要なわけではない

最近では企業などで、仕事を進めていく中で必要な知識を高めるような研修をしたりしながら、キャリアアップになるような教育の制度が設けてあるところがあります。
このような制度を活用する事は大切ではありますが、必ずしも昇進していくことが大切だというわけではありません。

環境によってはキャリアアップしてしまうことによって、今まで関わっていた好きな仕事に対して直接的に関わっていけなくなる場合もあります。
好きな職種であれば、特に現場に出て自分自身で考えて楽しく仕事がしたいはずです。
昇進したりするとそのような輝ける場所がなくなってしまうという可能性があります。

確かに地位としてはあがり、給与面などは多くなるのかもしれません。
しかし、「やりがいのない仕事を毎日しながら生活するのか」「好きなやりがいのある仕事をするか」だと好きな仕事を存分にする方が充実した毎日が過ごせるかもしれません。

そうなれば必ずしもキャリアアップをする必要はないのかもしれませんね。

スキルアップで自分の力をつけよう

キャリアアップは場合によっては必要ではなくなりますが、キャリアアップというのは無限に出来るという部分があります。

スキルアップというのは自分自身を高めるということにも通じます。

仮に気に入ってない環境であれば転職するという事が、スキルアップをする事でしやすくなります。
転職といってもマイナス面ばかりではなく、プラスになることも多くあります。

例えば英語などを勉強して英語の技能検定を取得しておけばそれだけで転職には有利になります。

今いる位置に満足していない人ほどスキルアップというのは重要です。

自分に自信をつけるためにもいろんなスキルアップになるようなことにどんどんチャレンジして、可能性というものを広げてみるのも良いでしょう。
そうすることによって、より良いキャリアにつながる事はそこから本当に自分のやりたい仕事に関わる事が出来るようになり
充実した生活を過ごせるようになれるかもしれません。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事・働くカテゴリの最新記事