退職理由で伝えてもいいこと、伝えなくてもいいこと

退職理由で伝えてもいいこと、伝えなくてもいいこと

円満に退職できる伝えかた(例あり)

何らかの理由で現在勤めている職場を退職したいと思った時に、まずするべきなのが上司や同僚への報告です。

しかし退職の連絡というのは待遇や給料に不満があるという、ネガティブな捉え方をされることもあり、非常にデリケートな扱いが必要になります。

例えばそれが本当の理由だったとしても、会社への批判の言葉を連ねれば、感情的にわだかまりができてしまうでしょう。

同じ業界へ転職するのであれば、会社を辞めても今後付き合いができる可能性もありますし、マナー上も好ましくありません。
なるべく円満に退職の報告を済ませ、トラブルなく辞めるためにはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

まず一つ目は、退職理由の伝え方でしょう。
会社に不満があったとしてもそこはなるべく話さずに、キャリアアップや自分の夢など、前向きなことを理由に挙げておく方が無難です。

例としては「現在の会社でできないプロジェクトに挑戦してみたいと思い、退職することにしました」という言い方が挙げられます。

また自分の辞めた後のことも考え、時間的な余裕を持って報告する事も必要です。

仕事によっては引き継ぎにかなりの時間と労力を要しますし、後任者のあてがない場合もあります。
もちろん後任が見つかるまで在籍する義務はありませんが、なるべく会社に迷惑をかけないタイミングで退職するということもマナーとなるでしょう。

退職をする際に伝えなくてもいいこと

退職理由が言い難いものである場合、その連絡をするということは非常に気の重いものです。
意外なことですが、退職理由というのは必ずしも相手に話す必要はありません。

もちろんほとんどのケースで辞める理由を尋ねられるでしょうし、結婚や家族の介護など、相手が納得しやすいことであれば、気兼ねなく話すことができます。

しかし競合他社への転職や、現在の会社への不満が理由だという場合には、そのまま説明するわけにはいきません。
一身上の都合であるという風に詳細をぼかしたとしても、退職できないわけではありませんので、もし上司に説明して角が立つようであれば、正直に伝える必要はないでしょう。

また具体的な転職先の社名を聞かれた場合も、答える必要はないということは覚えておくと役に立ちます。

転職の際に退職理由の伝えかた

実際に上司に退職を告げる時には、いくつか注意点があります。

まず自分が辞めることを大勢の前でしゃべってしまうと、混乱を招く可能性がありますので上司と2人きりになってから告げるようにしたほうが無難です。
また退職理由としてネガティブなことを言わず、今の職場への感謝などを織り込んでおくと、円満な関係を保ったまま辞めることができます。

退職時期については、大まかに希望を言っておくとよいでしょう。
ただし繁忙期などを控えていたり、後任が見つからないという事情があれば、多少は融通を利かせておいた方が良好な人間関係を保って退職することができます。

特に同じ業界へ転職するのであれば、元の職場の人間とも関わることになりますので、なるべくトラブルを起こさないように伝えることが重要です。

退職の際に知っておきたいこと

退職は労働者に認められた権利ですので、退職する日から一定期間以上前に報告しておけば、問題なく辞めることができます。
人手不足などで強引な引きとめにあった場合には、このことを覚えておきましょう。
転職などすぐに次の職場が見つかっている場合は良いのですが、そうでない場合には失業保険制度について調べておくのがおすすめです。

ほとんどの企業では雇用保険に加入していますので、失業中にある程度手当を受け取ることができます。
額はそれほど大きくありませんが、無収入でいるのに比べ精神的な余裕もできますから、就職活動を有利に進めることができるのです。

また退職前にボーナスをもらうのは気が引ける、という人もいますが、これは労働の対価ですので気にせず受け取りましょう。
ただボーナスをもらった次の日に辞めるというのは、たとえ前から決めていたことであっても少々心象が悪くなってしまうのも事実です。

少し退職のタイミングをずらすなどして、対策しておくのがおすすめとなります。

まとめ

退職の連絡というのはあまり気が進まないものですが、仕事を辞める時に避けては通れないものです。
自分がいなくなるから後はどうでも良い、という態度はマナー違反ですので、なるべく職場に迷惑のかからないタイミングで退職するようにしましょう。

また本当の退職理由を言いたくないがために嘘をついたりする人もいますが、これはやめておいたほうが無難です。
同じ業界で働いていればいずれは元の職場の人間とも接点を持ちますし、その時に嘘がばれれば自分の評判が落ちてしまいます。

どうしても退職理由を言いたくない場合には、「一身上の都合」とだけ言っておけば良いので、嘘をつかず必要な手続きをしっかりと進めていけば問題なくやめることができるのです。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事ノウハウカテゴリの最新記事