私服面接何を着ればいいの?

私服面接何を着ればいいの?

私服面接って本当に私服でいいの?

通常、面接はスーツで行われますが会社によって私服面接が行われることがあります。実際に、私服で面接に来るように要求された場合には、本当に私服面接が行われることになります。1つだけ注意をしなくてはいけないのは、私服で面接に来ても可能であるというニュアンスで表記していた場合です。

この場合には、常識を考慮して面接に行くことを望んでいるケースもありますのでスーツをきちんと着ていくことが望ましい場合があります。しかし、一般的に私服で面接に来てほしい旨の便りがあった場合には、企業側の要望に応えるために面接を受ける側も私服で行かなくてはいけません。

この場合には、企業側にとってもスーツで来てはならない、あるいは私服面接を行うことに関して何らかのメリットが存在すると考えた方が無難です。理由は企業によってかなり異なりますが、何も考えずにそういったスタイルを要求しているわけではありません。ですから、私服面接での要望があった場合にはそれに従うと良いでしょう。

私服面接の理由

私服面接が行われる理由は何でしょうか。一般的な理由としては以下の2つが考えられます。まずTPOをわきまえた人物、つまり常識を持っている人物であるかどうかを確認するためです。私服とはいっても、面接の場所に相応しいスタイルは存在します。

あまりにもラフな格好で来ているような人物は常識がないと疑われても仕方がありません。実際に、日本の企業にも私腹を見極めることでその人物がどのような性格であるのかという内面を確認する作業を行っている会社は存在します。普段から来ている服を見ることで、その人物の細部の情報を分析していくことに力を入れているわけです。

スーツで面接を行うと、このような一般常識に関する部分が見えづらいため、企業側であえてこのような方法を採用していることがあります。2つめのポイントが、私腹を見ることで自社に適した人物であるかどうかを確認することが可能であるという点が挙げられます。

例えば、その会社がアパレル関係の業種である場合です、この場合には、その人物が来ている服を確認することによって、自社の社風に合っているのかを確認できます。あまりにも社風とかけ離れた私服である場合には、プレゼンや営業、あるいは経営の面で不利になってしまうことがあります。

特に、ファッション業界では自社のブランドが経営上で死活問題となります。これから会社を支える人材になりえるのかを確認するためにも、こういったことを大切にしている可能性は十分にあります。

流石にこれはダメ

私服面接であっても、着ていく服の色に関しては必ず注意をしておく必要があります。これは、常識を持った人物かどうかを確認するためのポイントとして、大人しい色を選択しているかどうかという点が存在するからです。

あくまでも社会人として面接に行くわけですから、男性ならば黒やグレー、女性ならば白といったようにその人物の明るさや態度を証明することができるような色調を選択することが大切です。遊びに行くような派手な色を着ていくと、それだけで常識を疑われる可能性があります。

同じような理由で、カバンの種類にも気を付けておかなくてはいけません。私服面接であっても、カバンは必ずビジネスバッグです。リュックやショルダーバッグなどは論外ですので、これらの選択だけはしないように心がけましょう。

まとめ

私服面接の場合は、まず企業が本当に私服を着ていくことを求めているのかということを確認することが大切です。企業の考えを読んでTPOをわきまえた態度をとることができるのかが、最初の試練となります。

そして私服面接とはいっても、何を着ていっても良いというわけではありません。ビジネス上で最適な選択を行うことができるのかというポイントを面接官は必ずチェックしています。特に、私腹をチェックするということは普通の面接では確認することができないようなポイントを確認するということを意味します。

その人の普段の生活から確認できる細部の情報を分析しますので、面接官に疑われるような恰好ではいけません。色調を抑えた服を着て、ビジネスバッグを持参して常識のある行動をとりましょう。

仕事ノウハウカテゴリの最新記事