働き方改革とは?簡単に説明!

働き方改革とは?簡単に説明!

そもそも働き方改革とは

2019年4月に働き方改革関連法案の一部が施行されたことにより、いよいよ政府が掲げてきた働き方改革に関する取り組みが実行に移されることになりました。この事実は大企業のみならず中小企業においても、従前の就労のありようについての再考をせまる機会になっています。

そもそも働き方改革とは、就労希望する人々がそれぞれの状況に応じて、柔軟な働き方を主体的に選択できる社会の構築をすることにあります。
近年の日本が直面している課題は、少子高齢化による生産年齢層の減少や就業スタイルの多様化への企業など対応です。
かつての日本社会では生産可能年齢人口の不足などに直面したことはなく、誰もが正社員の地位にあったことから特に問題意識を持たれることはありませんでした。
しかし今後は15歳から64歳の生産可能人口は減少の一途をたどります。
そのような状況の変化を前にして経済大国の地位を維持するためには、年齢にとらわれない就業構造や個々人の生産性の向上、そして就業環境に対する従業員満足度の向上などが喫緊の課題になっています。

今後も継続する商事高齢化と生産可能年齢人口減少に対して、新たな働き方を模索し活力ある経済社会を実現しようというのが、働き方改革になるのです。

働き方改革で変わること

働き方改革を目指す背景には、労働力人口が減少しそのペースは、従前かえあ政府が想定しているぺースを超えていることがあります。
労働力人口(生産年齢人口)はピーク時の平成7年には8000万人を超えていました。その後は現象の一途をたどっており、約30年後の2051年には5000万人にまで現象する見通しを政府は立てています。人口も2050年前後には9000万人にまで現象すると見られており、国力の現象や経済規模の縮小は不可避になっているのです。

このような状況を前にして働き方改革では、2本柱で政策パッケージの実現を掲げています。従来は労働市場では重視されてこなかった高齢者や女性などの、積極的雇用に取り組み就業の担い手の絶対数を確保することと、個々人の労働者の労働生産性をあげることに集約されます。

たとえば平均寿命は伸びる一方のため、就業意欲が強いのに雇用に結び着けられていない65歳以上の高齢者の存在が指摘されています。特に日本はOECD35カ国の野中でも生産性が22位と、先進国のなかでは最下位に甘んじています。

また大企業などでは65歳までの再雇用などが取られていますが、この65歳の制限にもとらわれない働き方を実現するなども想定される変化の一つです。

派遣社員で期待されること

働き方改革において期待されているのは、派遣社員などの非正規社員と正規社員との間の待遇格差の改善にあります。
派遣社員と正社員の間には基本給をはじめ福利厚生など待遇面で厳然たる格差が存在しています。派遣社員などの待遇面の格差は先進国でも存在する問題ですが、欧米では待遇面も含めて自給換算で比較すると8割程度とされています。

これに対し日本では派遣社員などの非正規社員は、自給換算で6割程度と待遇の低さが目立ちます。

しかも就業人口の中で派遣社員などの非正規社員は、全体の4割を占めています。
正社員に採用されないため、派遣社員などに甘んじているのが大半です。同じ労働内容であるにもかかわらず、正社員でないという一事をもって、低賃金待遇を甘受することになるのは、合理的理由を見出すことは困難です。

そこで働き方改革においては、派遣社員などの日正規社員の待遇改善に向けた取り組みが掲げられているのです。
同一労働同一賃金の実効性を確保するための法整備、派遣社員などの正社員化のための取り組みを企業に勧奨するなどの方針が明らかにされています。派遣社員の待遇改善を通じて、消費活動を喚起し経済効果を見込むという側面もあるようです。

まとめ

2019年4月には働き方改革関連法案の一部が施行され、官民挙げての働き方のありようについての変革が起動しました。
15歳から64歳までの生産可能人口の減少傾向の定着化に対応するべく、高齢者や結婚を機に退職した女性など、従来の労働市場では把握されて着なかった新たな層も、貴重な労働力として前者会的に活用することに積極的な姿勢をとることが、企業の規模の如何をとわず求められることになります。

先進国中最低レベルの労働生産性の向上も大きな課題になっています。労働力足りうる総人口が減少する中にあっては、個々人の労働生産性の向上は今後も経済規模を維持するのは必須の課題です。

また就業人口の4割を占める派遣社員などの待遇の悪さは際立っています。労働生産性を挙げるには従業員満足度をあげることが重要なのは明らかです。そのため賃金格差を是正するために、同一労働同一賃金の実現のための政策パッケージもいよいよ実現に向けて動き出します。

仕事ノウハウカテゴリの最新記事