求人の掲載が終わってしまったけど、まだ応募の連絡をしてもいい?

求人の掲載が終わってしまったけど、まだ応募の連絡をしてもいい?

求人の掲載がなぜ消えてしまうのか

就職や転職をしようとする場合でも、希望している会社の情報がないこともあります。
数日前には希望している会社の求人があったにもかかわらず、ある時をきっかけに求人がなくなっていることも少なくありません。


求人の掲載がなぜ消えるかと言えば、1つは応募を締め切ったからです。

1人しか採用しないような会社は、1人の人間を募集して面接に来た場合、すぐに合格発表することも少なくありません。
面接と合格発表は短期間のうちに行う事が可能です。
このように、締め切ってしまい既に募集していない場合には求人の掲載がなくなります。

それ以外でも、求人をしようと考えていたけども、人件費を節約する観点から途中で求人を打ち切った例などがあります。

掲載が終了していても、応募をしても大丈夫?

求人が終了している場合、応募しても大丈夫なのか気になるところです。
もし応募して面接までこぎつけることができれば、面接を得意としている人ならば合格する可能性は高いでしょう。

この場合には、面接までこぎつけるために求人が終了している場合でも応募をしてみると良いかもしれません。


多くの場合、求人の掲載がなくなっている場合には面接すら受けられない可能性が高いです。
特に小さな会社の場合は、必要な人数を採用してしまえばその後に募集をする必要がないからです。

ですが例外的に、面接まで進む場面もあるでしょう。
その理由は、採用した人が入社しなかった場合です。音信不通などになることもあり、その場合には再び求人票を掲載します。

問い合わせの際に注意すること

従業員の募集がなくなってしまった場合には、問い合わせをしてみても良いかもしれません。
たまたまその時問い合わせをしたおかげで、採用される可能性もないとは言えません。

ただこの時いくつか注意をしなければならないことがあります。

その中の1つは、無理を言わないことです。

世の中には、無理を押し付けてそれが良い結果に結びつくこともありますが、多くの場合失礼な応募者だと思われるケースがほとんどです。
会社側としても、そのような人を合格させるわけにはいかないため、無理を言っても無駄な労力に終わってしまうでしょう。

そのため、会社側が求人は難しいと言うならばそれに従う必要があります。

もしかしたら別の機会に募集する可能性もあるため、その時まで待つのも1つの方法です。

まとめ

少し前まで社員を募集していたけども、ある時から求人票を掲載しなくなることもあります。
その理由は、すでに誰を採用するか確定した時や、採用を見送る場合などがあるからです。

掲載が終了している場合でも、応募しても問題ないこともありますが一度その会社に連絡を入れてみると良いかもしれません。


会社によっては、連絡を入れたとき面接をしてくれるケースもあります。
ですが多くの場合、人数が足りているためわざわざ余分に採用することもないため、話を断ってくるでしょう。


会社に問い合わせをする場合に気をつけるべきことは、無理なお願いをしないことです。
無理なお願いをして仮に面接までこぎつけたとしても、悪い印象を残すことになるため不採用になる可能性が高くなります。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事ノウハウカテゴリの最新記事