正社員と派遣社員の立場の違いは?

正社員と派遣社員の立場の違いは?

派遣社員と正社員どんな違いがあるの?

同じ企業であっても正社員ばかりではなく、派遣社員やアルバイトなどさまざまな働き方があります。

その中でも派遣社員と正社員は、以前ほど待遇や立場の差がなくなってきている傾向にあるため、正社員にこだわらず派遣社員で働くことを希望するケースも増えていますが、雇用形態による違いがいくつかありますのであらかじめ理解しておく必要があります。

正社員として契約した場合の雇用者はその企業であり、定められた就業規則によって定年まで働くことができる権利を得ることになります。
また、同じ仕事内容でも正社員には責任が生じるため、派遣社員よりも高めの給与体系となっています。

一方の派遣社員場合は、勤務先企業ではなく人材派遣企業と雇用契約を結ぶことになります。
その上で人材派遣企業から指示された企業で働くことになりますが、派遣社員は期間が限定されているため対象の業務が終了するごとに勤務先企業との雇用関係が終了するのが基本となっています。

正社員のメリット・デメリット

正社員で働くことのメリットとしては、何と言っても定年まで安定して働けることにあります。

雇用期間の定めがないため企業との雇用契約が終わってしまう心配をする必要がありませんが、自らの意志で辞めることができるという選択肢も有しています。

また、給与形態に関しても勤続年数に応じて昇給したり、ボーナスや退職金などさまざまな手当が会社から支給されるほか、勤め先が独自に定める交通費や住宅手当などの福利厚生の恩恵を受けられること、社会的な信用が得られることなどのメリットがあります。

一方のデメリットとしては、業務に対して責任を負わなければならないことが挙げられます。

勤続年数が長くなればその度合いはより高まり、役職などの立場になれば成果によっては降格や減給などの処分を受ける場合もあります。
他にも業務の状況によっては休日出勤や残業があること、異動や転勤の命令には従わなければならないことなどがデメリットと言うことができます。

派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員で働くことのメリットは、ライフスタイルに合わせた自由度の高い働き方ができることです。
職種や勤務時間、勤務地などの希望する条件を人材派遣企業に伝えることで、働きたい環境を自ら選べることが最大の魅力です。

そのためさまざまな仕事や職場を経験することでスキルアップやレベルアップを図ることも可能で、働きながらキャリア設計することもできます。

仕事に対する責任がない立場であることや契約外の業務を任される心配もないうえに、アルバイトやパートよりも時給が高いため効率よく働くことが可能です。

しかし、デメリットは期限があることで、派遣先が好条件で居心地が良い企業であっても最大3年しか同じ企業で働くことができません。
更に、派遣の契約は一般的に3ヶ月となっており、更新のたびに派遣先企業から評価されるため業務に貢献していないと判断されれば契約を切られる可能性があります。

他にも交通費は自己負担であるケースが多いことや、正社員と比較して給与が低いこと、ボーナスの支給がないことなどがデメリットに挙げられます。

まとめ

派遣社員・正社員・アルバイト・パートなどさまざまな雇用形態があると、どれが最も有利に働けるのかが分からなくなってしまいますが、逆に自分の現在の状況やライフプラン・将来的な家族の状況に合わせて柔軟に選択できるとポジティブに考えることもできます。

自分にとって重要視することをある程度絞って比較検討してみることが大切ですが、どの雇用形態でも最大限の成果を出し続けていければ確実にキャリアアップや信頼を得ることに繋がります。

派遣社員と正社員にもそれぞれメリットとデメリットがありどちらが良いかどうかは一概には言えませんので、自分の置かれた立場や何を求めているかをよく考えたうえで、選ぶようにすることが大切です。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事・働くカテゴリの最新記事