ピッキングの仕事とは

ピッキングの仕事とは

ピッキングとは?

ピッキングとは必要な品物を集める、つまりピックアップする仕事のことです。


倉庫内に貯蔵されている品物を出荷するための前提作業になります。
色々ある倉庫内の作業のなかでも、後の作業である仕分け・梱包・検品などにつながる仕事内容なので重要な仕事です。

パッキングスの仕事内容の概略は、あらかじめわたされたリストや注文書を元に指定された品物を集めて、まとめたものを梱包や検品端走者などのもとへ届けるのが仕事です。

作業量は倉庫規模に左右される部分が多く、大きくなればなるほど取り扱う品物の種類も数も増加します。

業種の如何をとわず必要性が高いので、ピッキングスタッフについては引く手あまたの職種といえます。

倉庫でのピッキング業務の内容

派遣労働者などとして倉庫内でのピッキングの仕事内容は、どのような作業が含まれるのでしょうか。
ピッキングでは大別するとシングル(摘み取り)とトータル(種まき)の2種類に分類されます。


シングルピッキングとは、受注ごとに品物を集めてくるというものです。
梱包される品物ごとに品物がまとまっているので、梱包担当者に渡すという仕事内容なので、摘み取り方式の異名があります。


これに対してトータルピッキングとは、複数の種類のオーダーを受注して、複数を調達して集めることになります。
集められた品物は、注文書内容に応じて再び必要な数に配分していくので、種まき方式とも呼ばれています。

この「種まき作業」は、ベルトコンベアーに類似したソーターと呼ばれる機会を使用したり人手の手作業でわけていくこともあります。

ピッキングはシングルスタイルで行うことが多いわけですが、倉庫によってはシングルとトータルを併用したマルチピッキングが採用されることもあります。

ピッキング作業にスキルはいらない?

倉庫の出荷作業を円滑に進める上で、ピッキングが重要性が高く必要不可欠な存在となっています。
需要も高く、旺盛な求人需要があります。
ではこの業務には特別な資格やスキルが必要なのか?が気になるところです。

この問題については、特別なスキルや資格などは要求されることはありません。

ピッキングでは特段のスキルは不要なばかりか、未経験でも問題はありません。

もちろん倉庫内部を頻繁に移動する仕事内容なので、それなりの健康な身体や常識なども要求されますが、未経験だからと萎縮するとはありません!

ピックング作業に向いている人

ピッキング作業は、週3日などのシフトでも就業が可能で、夜間の時間帯などでは時給も工学になるので派遣社員のなかでも人気のある職種といえます。
特段のスキルも必要でないことも人気の理由ですが、やはりピッキング作業への親和性が高い人物像というものはあります。


まずピッキングでは何よりも作業の正確さが要求される仕事内容です。
オーダーや仕様書どおりの品物を間違えることなく収集することが大切といえます。
スピードも必要なので現場リーダーの指示を瞬時に把握し確認作業を怠らないことがポイントになります。

また梱包や検品などの違う部門との共同作業になることもありますが、実際の作業は一人で行うことが多いです。

まとめ

ピッキング業務は倉庫内部の品物を、注文書や指示通りにあつめて、梱包や検品部門に綱が得るのが仕事です。

週5日といったタイトなスケジュールではなく、週末だけや週3日などスケジュールを柔軟につけることが出来るので人気があります。

深夜作業などでは時給も跳ね上がるので効率的にお金を稼ぎたいときに最適の仕事内容といえます。

特段のスキルや経験も必要ないので、未経験の方でも安心して取り組める仕事です。
ただし倉庫内で必要な品物をピックアップする仕事内容のため作業には正確さが要求されることもあります。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事・働くカテゴリの最新記事