「Jターン」とは?地方への転職のメリット・デメリット

「Jターン」とは?地方への転職のメリット・デメリット

Jターンとは

日本では大都市の人口の過密化が問題になっています。
ですが、最近では会社に出社しなくても仕事ができる職種も増えた結果、地方で暮らすことを選ぶ人が増えてきています。

特に最近、人気の移住の方法が「Jターン」といわれるものです。

Jターンとは、生まれ育った地方から、進学や就職などのために都会で出てきて、その後に故郷に近い地方の都市に移住することを指しています。

元々故郷での自然豊かな暮らしを経験しており、加えて都会での生活を通して都会の利便性なども知った結果、完全に元の地方の場所に戻るのではなく、故郷よりも発展している近くの地方都市に移り住むという方法です。
それでUターンと違って、移住先がJの字のように田舎と都会との中間位置になることが特徴です。

どんな人がJターンを選択するの?

ではどんな人がJターンを選ぶようになっているのでしょうか。
まずは都会での生活に疲れてしまった人、違和感を感じる人が選択することが多いようです。

地方に住んでいるときにはわからなかった満員電車や人ごみなど、都会に出てきたばかりの時には新鮮だったことも、時を経るうちにストレスに代わってくる場合も少なくありません。

そして、人が多いにも関わらず、人とのかかわりは少ないので、地方での温かさを感じることが少ないこともボディーブローのように効いてきてしまい、転職を機にJターンを選ぶ人が少なからずいます。

さらには、家族を持ち、子供を育てる環境の良さを追い求める人や、親の介護のために転職して、親の近くに住みつつ都会の利便性もある程度味わいたい人も選択することが多いようです。

メリット

最近人気となっているJターンのメリットですが、その一つに物価、その中でも特に住居費が安いことが挙げられます。
特に東京の住居費は他の地域と比較しても突出して高く、狭い部屋を借りても家賃を抑えることは容易ではありません。

その点、地方では家も広く、駐車場がついていても安い費用で借りられることも多く見受けられます。

さらに、場所によっては転職の支援をしてくれ、毎月支援金を受け取れる自治体もあるので、都会よりも収入が減っても生活費が抑えられ、ゆとりをもって暮らせるメリットがあります。

さらなる利点としては、ストレスとなる状況が減らせることにあります。
大都市で経験するような満員電車や通勤ラッシュもありませんし、通勤時間も都会と違って短くなる傾向にあるため、自分の時間が増えたり、家族と一緒に過ごす時間が増えるようです。

加えて、子育て支援の体制がそろっているところも多いため、子供がいても安心して働けることもポイントです。

都市部で問題となっている待機児童問題もどこ吹く風という地方都市は多くあるようです。

デメリット

Jターンは多くのメリットがありますが、デメリットもあります。

その一つが、仕事の少なさにあります。
リモートワークは進みつつありますが、基本的に地方都市での仕事はまだ少なく、都会のように分業化はされていないケースが多く見られます。

都会でスペシャリストとして仕事を極めて地方に転職しても、その特異性が生かせる仕事がなかったり、様々な業務を兼任しなければならない場合もあるので、柔軟に仕事に取り組むことが難しい人には厳しい環境となるかもしれません。

また、地方の良さは人の温かさを感じられる点にありますが、その分、緊密な近所づきあいを求められる場合もあります。
都会のドライな感覚に慣れてしまっている人には、その地域の慣習や行事に合わせることにわずらわしさを感じることもあるでしょう。

さらに都会では多種多様なお店やレクリエーション施設がありますが、地方都市には刺激的な場所が少ないので、物足りなさを感じる可能性があります。

まとめ

Jターンとは、もともと地方で生活していた人が進学や就職で地元を離れ、その後に故郷に近く、故郷よりも若干栄えている地方都市に住むという移住方法のことを指します。
都会の利便性を維持しつつ、都会の喧騒やストレスを離れて、家族を持ったり子育てをしたり親の介護をすることができるとして、転職を機にJターンを選択する人が増えています。

Jターンのメリットは、収入は減るものの都会と比較して金銭的にゆとりが生まれる場合が多いことにあります。

またストレスフリーに生活できる環境も整っているので、心のゆとりも享受できます。
半面、Jターンのデメリットは、仕事の数や種類が少なくスペシャリストとして活躍するのが難しかったり、近所づきあいのわずらわしさを感じたり、刺激的な生活がしづらい点にあります。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事・働くカテゴリの最新記事