派遣社員だけど産休って取れるの?

派遣社員だけど産休って取れるの?

派遣社員でも産休や育休は取得できる?

一般の会社では終身雇用制度という言葉が聞かれなくなり、さらに今の時代は雇用の価値観が大きく変化していることから、正社員じゃなくてもいいという人も増えてきました。

正社員以外では、準社員やパート、アルバイトでもいいという人もいますし、派遣社員という道を選んでライフスタイルを謳歌する人もいます。
働いている女性だと結婚して出産をするときに、とても気になるのが産休や育休についてです。

昔のように赤ちゃんができたら、会社を辞めなくてはいけないという意識はもうすでに古いものとなり、企業としても雇用に対する手厚い保護をしていくことが会社発展のポイントです。

間違えないで欲しいのは、正社員であろうが派遣社員でも、産休を取ることができます。労働形態ではなく、働いている女性に対しての権利であり、会社には正しい知識を持って対応していくことが望ましいです。

そして育休に関しては、満たさなくてはいけない条件がありますが、こちらも派遣社員でも取得することができます。働くことは国にとっても国力を上げることに繋がりますし、人材不足の業界などは情報などを流して、出産などを考えている女性が働きやすい環境を作っていくことは大切なことです。

派遣社員が産休・育休を取得する条件

派遣の産休について、出産予定日の6週間前から取得することができます。
それまでは一緒に働いてい、無理をしない限りは身体を動かしていることで精神的なフォローにもなっています。
女性は急に体調が変わったり、ライフスタイルに変化がでてくると対応するのにストレスとなって、溜め込む人が多いです。

そうならないようにするには、適度な環境で仕事をしていることが大事といえます。また気をつけたいのは長時間労働や、ストレスによる心身症があり自分だけの身体ではないという自覚は必要です。

育休などは近年は男性も積極的に利用している制度になりますし、働いている女性にとっても安心できるシステムです。しかし条件があることから、内容を理解して取得することが望ましいといえます。

条件の一つに、1歳に満たない子供を養育する労働者となっています。
こちらは男性でも女性でも適用されますが、労使協定で結ばれている条件においては拒否されることもあります。

例えば、雇用されて1年が経っていない労働者や一週間で2日以下の労働者などは、男性でも女性でも拒否されることがあります。

もちろんこれからは、派遣とはいえ労働者を切るということは簡単にはできない時代の背景には、女性の社会進出や子供達の未来への期待が挙げられます。
人間関係はしなやかな対応が求められる反面、ストレスフリーになるためにも産休や育休は積極的に取り入れていく社会になっていくことです。

企業では当たり前にやっていくことができますが、周りからの応援がなくして育休は取得することができません。

世界情勢では日本の価値観のズレなどがなくなるように、働いている女性の国の制度が急激に変わっていく必要があります。
そして産休や育休が取れやすいように、会社でも相談の窓口などを開設されているところもあるので、積極的な利用によってライフスタイルを確立していきます。

知識と情報を持って今の流れをしっかりと作っていくこと、それが世界に誇れる経済国家です。

産休・育休から復帰までの流れ

正社員でも派遣でも産休や育休の条件は全く同じで、細かい点を除けば条件を満たして子供の為に時間を使うことができます。
そこから大事になるのは、職場復帰の仕方になります。

まずやっておきたいのは、職場復帰するにあたって労働条件の確認があり、手を離せるようになったとはいえ残業などは断っておきたいことです。
休む前と同じ労働条件が厳しい場合には、企業や会社側と相談をする必要があります。
お互いにすっきりと働いていくには、双方の納得できるところで折り合いをつけることです。

特に派遣などの場合には、負い目に感じる人もいることから、結果条件を飲むしかないという人もいます。
そうならないようにお互いの条件ですから、対等な位置で話が出来る関係性を持っていることです。

復帰までの流れで言えば、生活のリズムを戻すこともあります。
今までは不規則になっていたところでも、リズムを整えて昼間の仕事ができるような感覚を掴むことです。
以外にやっておきたいのは、企業とのことよりも家庭のルールがあります。

家事や育児についてパートナーとはどのような分担になるのか、また他の家族の援助があるのかなども知っておきたいところです。これらを復帰するまでに決めておくことで、ライフスタイルが作られます。

まとめ

企業に勤めている正社員じゃなくても派遣社員でも、産休や育休は取得することができます。これは労働形態ではなく、働いている人の権利であり、わかっていない上司がいる場合にはコンプライアンスなども確認させることです。

しかし、誰にでも権利がありますが、ある程度の条件を満たす必要もあります。
雇用して1年以上や1歳に満たない子供という条件をみて自分に当てはまっていることは確認しておいたほうが良い案件です。

また復帰をするには雇用に対する確認をしておくことで、働く条件が前と同じでは復帰が難しいこともあります。

そうならないように企業側と一度話してみて、残業はなしとか子供にストレスがかからない働き方が理想的です。
その他にも家庭のパートナーと話してみて、どのような分担になるのか家事や育児についても、話し合ってルールを決めることで職場復帰が明るく見えてきます。

いつでも女性が損をする時代ではなく、男性と同じだけの価値観を持つことで、新しい働き方ができるようになります。
メンタルヘルスからの観点でも、夫婦の絆がいいと職場での働き方も大きく影響をしやすいといわれています。

これからの新時代、権利を主張して積極的なライフスタイルを確立です。

仕事・働くカテゴリの最新記事