派遣と紹介予定派遣の違いメリット、デメリット

派遣と紹介予定派遣の違いメリット、デメリット

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは、派遣先の企業から直接雇用されることを前提に、派遣期間を試用期間として勤務する形態のことです。期間は最長6か月で、延長はされません。派遣先企業と労働者双方が合意すれば、期間終了後もしくは期間中に、直接雇用となります。

派遣会社は直接雇用された社員の年収の、25%から30%を手数料として、企業から受け取ります。企業側は正社員で採用して入社させたあとは、試用期間終了後に解雇するということはなかなかできないため、手数料を支払ってでも紹介予定派遣を利用するメリットがあります。

紹介予定派遣では、勤務開始前に企業側からの面接があります。この面接を経て派遣される割合は3割ほどであり、通常の派遣よりもハードルは高くなります。しかし、正社員になれる道が開かれている働き方です。

インターン期間のような扱いで本格的にその企業で働き、相性を確認してから正社員になることができるため、入社後にミスマッチで退職するということが防ぎやすくなります。

派遣と紹介予定派遣の違い

紹介予定派遣の場合は、企業側の事前面接があり、これが大きな違いとなります。通常の派遣の場合は、企業側の事前面接はおこなわれません。勤務する期間にも大きな違いがあります。通常なら同じ企業に最長で3年までの勤務が可能ですが、紹介予定派遣の期間は最長で6か月となり、期間の延長はできないこととなっています。

通常の派遣では、最初に設定された期間内に企業の直接雇用に変更することはできませんが、紹介予定派遣の場合は可能です。紹介予定派遣は企業の直接採用を手助けすることで、手数料を得るという仕組みであるため、直接雇用が促される流れとなります。派遣会社は直接雇用が成立するように、さまざまな助言や仲介もしてくれます。

企業側が直接雇用する社員を求めて派遣を依頼しているか、直接雇用せずに使える人材を求めているか、によって、これらの違いが生まれることとなります。企業が直接求人を出して、正社員や契約社員を採用するにはそれなりの費用がかかります。

面接を経て採用したあとは、とりあえず当初は試用期間とはなるものの、試用期間後に正式採用しないということはなかなかできません。紹介予定派遣は企業にとっても、メリットが大きい仕組みです。

どちらが自分に合っているのか

なによりも安定を求めるのであれば、正社員になるのが最適ですから、紹介予定派遣を選んで企業から直接雇用される道を目指すことになります。

一方、ひとつの企業に属してずっと働くことに閉塞感を感じる人も中にはいます。行き詰まったときに職場を変えやすい派遣で働くほうが気楽でいいという場合は、あえて紹介予定派遣を選ぶ必要はないでしょう。

紹介予定派遣ではその企業との相性などを見て、直接雇用されるのを断ることもできますが、勤務期間の延長ができないなどのデメリットがあります。

結局は安定を取るか、気楽さを取るか、ということになりそうです。誰もが直接雇用を望むわけではありません。一度正社員として入社したあと、ミスマッチなどで退職したことのある人などは、直接雇用という形態を避けたがる場合もあります。

職場を変えやすいということに価値を感じる人もいますから、自分がどちらに価値を置くかをよく考え、選択することになるでしょう。

行き詰まったときに職場を変えやすい派遣で働くほうが気楽でいいという場合は、あえて紹介予定派遣を選ぶ必要はないでしょう。紹介予定派遣ではその企業との相性などを見て、直接雇用されるのを断ることもできますが、勤務期間の延長ができないなどのデメリットがあります。

結局は安定を取るか、気楽さを取るか、ということになりそうです。誰もが直接雇用を望むわけではありません。一度正社員として入社したあと、ミスマッチなどで退職したことのある人などは、直接雇用という形態を避けたがる場合もあります。

職場を変えやすいということに価値を感じる人もいますから、自分がどちらに価値を置くかをよく考え、選択することになるでしょう。

まとめ

紹介予定派遣は、正社員や契約社員として起業から直接雇用されることを希望している場合に適した働き方です。紹介予定派遣の場合は期間が最長6か月となり、延長はできません。

派遣前には企業側の面接があります。企業側と労働者が合意すれば、期間内でも直接雇用とすることができます。派遣会社は、直接雇用された社員の年収の25%から30%ほどを企業から手数料として受け取ります。派遣会社は派遣社員を紹介するのではなく、いずれ直接雇用される予定の社員を紹介するという形態になります。

派遣会社は直接雇用となるように、さまざまな助言や仲介をおこなってくれます。労働者側はインターン期間を経て就職できるような形になり、入社後にミスマッチに気づいて退職するといったことが防ぎやすくなります。

仕事ノウハウカテゴリの最新記事