自分の強みがわからない

自分の強みがわからない

あなたの強みは何ですか」と聞かれることは転職の際の面接で多くあります。

ですが、自分の強みを明確に知っている人はまれで、多くの人は自分がどんなことに秀でているのかを認識する難しさを感じるものです。
人にはそれぞれ良さがありますが、自分の強みは当たり前とみなしがちであることも、自分の良さを理解できない要因です。


転職でよく聞かれる「自分の強み」ですが、面接官はなぜその質問をするかを考えると、自己分析を深める大切さを認識できます。

面接官は、実際に入社したのちに、会社の利益となるような働き方ができるかを重要なポイントとして見ています。

特に経験がない仕事への応募の場合、スキルや能力ではなく、その人が自社で働くイメージが持てるかどうかがカギとなります。

また、いくらスキルや能力があっても、その会社の雰囲気に合わなかったり、募集した仕事の質と合わない部分を強みとしていると、仕事が続かないことも考えられるため、人間性を知る意味で質問をしてくるケースが多いようです。

自分の強みを整理してみる

自分の強みを正しく知り、アピールできることは、転職によってより自分に合った会社や仕事を見つけるのに役立ちます。
そのための良い方法は自己分析です。自分の経歴やスキルの棚卸とともに自己分析も丁寧に行うことが大切です。

自己分析で強みを見つけるのに役立つのが、生まれてからこれまでを自分史として記載してみる方法です。
記載の仕方ですが、それぞれの時期の印象的な出来事や具体的な取り組み、感情・気持ちを記載します。

これは、必ずしも楽しい積極的な経験だけでなく、負の感情が伴うものも併せて書いていきます。

その自分史とともに描きたいのが、それらの経験でモチベーションがどう変化したかをグラフにしてみることです。

この2つの表とグラフを書くことで、自分が何に価値観を見出し、充実感を感じているかをはっきりさせることができます。
そして、モチベーションが高い時期の考え方や行動の仕方を分析することで、自分の強みを認識することができます。

短所を逆に考えてみる

どんな人でもそうですが、自分の長所よりも短所を強く感じるものです。
そして、マイナス面を強調してみてしまい、自己分析をする際にも自分の強さを認識できないケースが目立ちます。
自分のマイナス面を理解できている人は特に、弱さの裏側にある良い性質に注目すると、自分の強さを見つけることができるはずです。

例えば、自分のことを優柔不断だと感じる場合は、裏を返せば協調性があって、チームワークに適している人と考えることができます。

さらに、自分の意見をはっきり言うことができない人は、逆に言うと、人の意見に耳を傾けることができ、相手の気持ちを尊重することができる人ということができます。

自分の弱点にはネガティブな感情を持つものですが、周りの人にしてみるとそれを強みとして見ているケースは意外に多いものです。

弱みの裏に隠れている強みに着目してみるよう心がけていると、自分の強みに素直に眼を止めることができるようになり、積極的に物事を見るように変化できるに違いありません。

他人に自分はどんな人か聞いてみる

自分の強みを見つけるためには、自己分析を入念に行うとともに、他の人の力を借りることも大切です。
たいていの人は自分のことを自分以上に知っている人はいないと考えがちですが、自分を外から見ている家族や友人・会社の同僚などは、自分でも気が付かない良さを把握しているケースが多いものです。

また、自分の強みを自分だけで考えると、なりたい自分をイメージして答えを出しがちです。
このような点からも、感情を挟まない第三者的な目線が大切になります。

特に自分の性格については、古くから付き合いのある友人や家族に聞いてみるとよいでしょう。
そして、仕事ではプライベートと違った面が出てきている可能性があるため、上司や同僚などに尋ねてみることもできます。

この場合は、転職することをにおわせないよう、さりげなく雑談感覚で聞いてみることがポイントです。

仕事上、定期的に上司との面談や相談の場が設定されている場合は、その際に聞いてみることも良い方法です。

まとめ

自分の強みを正しく認識することは、転職で自分に合った職場や仕事を見つけるのに役立ちます。
転職の準備では自分の経歴やスキルの棚卸をすることを優先しがちですが、自己分析にも力を入れることが大切です。

人生での印象深い出来事とその際の感情の動きを考え、自分の強さや性格を知ることができます。

また、自分の弱さやネガティブな面ばかりに目が行く人は、弱さの裏側にある有利な点に着目することで、自分の強さを見つけることもできるでしょう。
加えて、第三者の意見も参考にすることができます。

身近にいて、自分のことをよく見ている家族や友人に忌憚ない意見を述べてもらうとよいでしょう。
そして、仕事の面での強みを知るために上司や同僚にさりげなく質問してみることも大切です。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事ノウハウカテゴリの最新記事