自分にあった仕事がわからないときは?

自分にあった仕事がわからないときは?

自分にあった仕事がわからないという人はよくいます。
それはどのようなときにそう感じるのかと言うと、就職するときや、転職を考えているときです。

  • 今行っている仕事にやりがいを見出せないとき

仕事の失敗やケアレスミスを繰り返すことでも、自分には向いていないのではと疑問に感じることもあるでしょう。

  • 想像していたような充実感やおもしろさが得られないとき

学生時代には憧れの職業や企業に入社できたら、充実感を得られるかと思ったらそうでもない
技術や資格を得て就職しても、実務に中々携わらせてくれないなど経験があるかと思います。

このようにさまざまな要素により、自分にあった仕事がわからないという心境に陥ります。

そのためには、自己分析をすることは非常に大切です。

自分の強みとはなにか

自分の強みを自己分析することも、自分に合った仕事をするうえで助けになります。
自分には強みがないと思うかもしれません。

しかし誰にでも得意分野や長所があります自己分析してみましょう。

たとえば暗算が得意であることもその一つです。
暗算が得意であれば、計算が速くできるだけではなく、素早い反応を行うことやスピーディな判断を行うことも可能です。

他にも学生時代に友達の相談相手に乗っていたことがあるれば、
それは、実は高いコミュニケーション能力ヒアリング力が高いとなります。
また人間関係を構築することが得意なことも意味します。

このように自己分析すると、人と違う何かの強みを持っていることに気づくことができます。
自分にあった仕事をする上で、強みを考える事は大事です。
就職や転職の前には自己分析を行い、仕事を見つけることが可能です。

自分のこだわりとはなにか考えてみる

自分のこだわりとはなにか考えれば、自分にあった仕事を探すのに役に立ちます。

自分では当たり前だと思っていたことも、実は意識してこだわっていたということがあります。

アルバイトで接客業の際、マニュアルには無いがお客さんの見える位置では振る舞いに気をつけていたかもしれません。
それも自分のこだわりと言えます。

そのこだわりが会社にとってメリットや強みに変わることがあるでしょう。

自分はどんな人間なのか周囲の人に聞いてみると、自分を客観的に自己分析できます。

これまでの経験も考えてみる

自分にあった仕事を見つけるうえでこれまでの経験を考える事も参考になります。
自分が過去に最も輝いていたのはいつだったかを思い出してみましょう。

充実していて楽しく過ごした時があれば、その生活や環境が自分に合っていたとわかります。
その時なぜ自分が楽しかったのか、充実していたのか、理由についても一緒に考えてみることが大事です。

自分がどんな環境に置かれ、潜在能力を最大限に発揮できるかを自己分析することもポイントです。

これまでの経験は仕事の経験でもプライベートでも構いません。

1つは事務作業を毎日行い、繰り返し行うことがあまり自分に合った仕事ではないと感じます。
2つめは派遣で接客を行い、人と会話する、関わるのが楽しかったと感じます。

この際自分にあった仕事は人と関わる仕事だとわかると思います。
少しずつ自己分析を行い大きいところからだんだん狭めていき、自分のやりたいことを絞っていきましょう。

まとめ

自分にあった仕事がわからないというのは、実は非常に多い悩みです。
初めて就職する場合も、転職も同じです。

自分にあった仕事を見出す為に自己分析をすることは欠かせません。
自己分析から強みやこだわり、さらには経験を振り返ることができるからです。

自分を知ることで、どの方向に行けばよいかわかるでしょう。

就職や転職においては、あえて苦手分野や嫌いなことに挑戦する必要もありません。
自己分析することで、自信を持つことができます。持っている能力を最大限に発揮できる場所を探し新しい生活をはじめてみましょう。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事ノウハウカテゴリの最新記事