育児をしながら働くならどんな会社がオススメ?

育児をしながら働くならどんな会社がオススメ?

「働きたいけれど、子供がいるからね…。」と考える方は多いはずです。
もし、子供がいても安心して働ける会社であればぜひ働きたいと思う方も多いでしょう。

現実的に育児をしながら働くというのは挑戦でもあります。
子供のことが心配になっていては仕事も手につかなくなります。

まず、育児をしながら働くことを考えるのであれば、「働くお母さん」のためのサポートが完備されている会社であること、もしくは、「シングルマザー」に対しても積極的に働くことを奨励している会社がオススメです。
育児と仕事の両立は大変であっても会社からのサポートがあればこそ実現できることです。

働く女性に対してポジティブに受け入れている風紀がある会社、残業や休暇などの就業規則がしっかりと定められている会社などは働き始めてからも後悔しないための重要なポイントになってくることは間違いありません。

また、会社の近くや会社のビル内などに保育施設があればなお良いでしょう。

充実制度だけではなくサポートの確認

働き始めたところで、「想像していたように働けない」となってはモチベーションダウンや転職にもつながります。
そうならないためにも、福利厚生や就業規則などの基本的な部分だけではなく、その会社独自が行っているサポートについても調べる必要があります。

例えば、フレックスタイム制を取り入れている会社であれば、働く時間を自由に選ぶことができますので保育園の送り迎えも無理なく行えます。
朝は何かと慌ただしくなるもの、朝の出社時間を気にせずに自分の時間管理の範囲内で行動できることは大きなメリットです。

また、育児をしながら働く女性を応援している会社であれば、一日の勤務時間を8時間ではなく5時間にするなどの短縮勤務を認めるところもあります。

他にも、社内に授乳室を設けていたり、ベビーシッターを依頼することができるなど、「働くお母さん」に対してどのようなサポートがあるのか、事前に調べておくことも育児をしながら働く場合に大きな助けとなります。

育児と仕事の両立

育児をしながら働くことを決意したのであれば、それなりの覚悟が必要となります。
現実的に育児と仕事を両立させることは容易なことではありません。
しかし、女性社員の育児をサポートする企業であればそれは可能となります。

だからこそ、育児と仕事を両立させたいのであれば、それが可能となる会社を探すことが必須となります。

多くの「働くお母さん」が悩む原因の中には、子供と過ごす時間が少ないことや家事をする時間が足りないことなどがあげられます。
それらを解消するには、時間の使い方を見直してみましょう。

短い時間の中でも内容の濃いひとときを子供と過ごすことはできます。

食事中の会話や就寝前に絵本の読み聞かせなどの時間は、子供にとってもお母さんと過ごせる一日の楽しみの時間でもあります。
また、家事や炊事を短縮するための工夫もできます。

毎日欠かさず手作り料理は厳しいのであれば、一週間の内2日はスーパーのお惣菜を購入すること、また家事は旦那さんにも協力してもらうことも育児と仕事を両立させるためのポイントとなります。

両立しやすい職種

せっかく働き始めた会社を短期間で辞めることになっては元の黙阿弥(もとのもくあみ)です。
転職はできれば繰り返さないで済むように、長く働ける仕事を見つけましょう。

育児と仕事が両立しやすい職種でオススメなのは、まずレストランやカフェなどの飲食店です。
勤務がシフト制なため融通が利きます。
また、同じ境遇だったり同年代の仲間が多いため何かと相談にものってくれる利点もあります。

次にオススメなのは、一般事務や受付の仕事です。
座って仕事ができるので比較的体力の消耗が防げます。
また新しいスキルも身につけることができますし、土日が休みという企業が多いためです。
事務職の場合は転職する時に引き継ぎがありますので辞めたい時にすぐという訳にはいかないことも考えましょう。

最後にオススメするのは、スーパーやデパートの接客や売り場作りのお仕事です。
未経験者でも始められて、比較的自宅に近いところでの勤務が可能となるからです。
同僚にも働くお母さんが多いので、育児について情報交換をしたり相談相手になったりとメリットもあります。

転職を繰り返さないためにも、自分に合った形態で働ける仕事をみつけることが重要です。

仕事もしながら育児をするためには

今まで述べてきましたように、仕事もしながら育児をするのは容易なことではありません。
しかし、周りのサポートがあれば可能になりますので、いかにそのサポートを活用するかということがキーポイントになります。

育児をしながら働くためには、「子育ては一人でしているのではない」という環境をつくりだすことが大切です。
何もかも自分ばかりがやっているという心境は健康的にも良くありません。
シングルマザーの場合は難しいですが、旦那さんと共働きの場合は必ず子育ても分担して協力することが働くお母さんにとって大きなサポートになります。

そのために、自分ができる部分と旦那さんい任せられる部分の役割分担をしておくのも一つの方法です。
きちっと決めたくないという場合であれば、いつでも協力できる体制を整えておくことです。
「自分には強力な味方がいる」という気持ちが子育てのストレスを軽減し、家でも家庭でも生き生きと過ごせるようになります。

また仕事選びでも自分の時間に合わせた就職先、支援が多い会社を選ぶと働きやすいでしょう。
一緒に就活頑張ってきましょう!

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事・働くカテゴリの最新記事