産休・育休明けの仕事探し!どんなスキルが有利か確認しよう

産休・育休明けの仕事探し!どんなスキルが有利か確認しよう

産休・育休明けの仕事探し
どんなスキルが有利だと思いますか?

産休や育休明けに仕事ではスキルを持っていると有利になります。
ではどんなスキルが有利でしょうか。

スキルを得るためには、産休や育休で家にいる間に勉強をして資格を得ることが必要です。
体調と相談しながら無理のない範囲で行わなければいけません。

そうなるとあまりハードな勉強が必要だと体調にも影響を及ぼします。
体を休めたり、赤ちゃんと時間を過ごすことが最優先事項です。

それに支障がない範囲で勉強できることは大前提です。


その上で仕事探しに有利なスキルで、上位にあげられるのは簿記です。
簿記は経理や財務に不可欠な技能ですから、事務職に絞って仕事を探すときに役に立ちます。

加えて医療事務も人気があります。
医療関係や病院で働くときの、レセプトなどの計算を行う資格です。
更新する必要がないため、一生資格として有効なのも優れた点です。

同じく医療関係で調剤事務があります。
調剤事務は薬局で行う会計事務のことです。主に病院に併設されている薬局で事務を行います。

ブランクがあっても力になる専門的な知識

産休や育休後にブランクがあっても力になる専門的な知識には様々あります。

その一つは社会福祉士です。
一度合格することで資格を得ることができ、更新する必要はないのでブランクがあっても問題はありません。
他にもヘルパーの資格も同様に休職期間が長かったとしても、力になる専門的な知識です。
他にも宅地建物取引士も更新の必要がないので、一生モノのスキルと言えます。

多くのスキルは、長期間携わっていないとしても大きな問題ではありません。
それでも専門知識は日進月歩で進化していますから、おさらいをしたり新たな情報を勉強することは欠かせません。
古い知識だけで立ち回ることはできないからです。
そのため産休や育休の期間に復習をしておくなら、復帰後の仕事探しがスムーズになります。

また面接の際にはブランクが生じた理由についても、話すなら理解を得やすくなります。
以前の経験や知識に頼るのではなく、一から学びなおす覚悟は欠かせません。

産後には働く環境が大切

産休の後には良い環境の下ではたらくことが大切です。
赤ちゃんを産んだ後の体は、想像以上のダメージを受けているからです。
一人めでなく、出産に慣れている場合であっても同じです。

出産後に体を休ませなくても、人並みに動けるかもしれません。
しかし何年もあとになって、体の不調が出る場合もあります。
それだけデリケートになっている時期ですから、良い環境で働くことはとても大事です。

ではどんな環境が理想的でしょうか。
まず職場が家から近いことは大切です。
徒歩や自転車で数分の距離は理想的です。家から職場まで遠いと車を運転したり,公共の乗り物に乗ったりすることになります。
そうなるとそれだけ疲れが出てしまいます。

できれば屋内の仕事が体力をそれほど使わないので安心です。
産休後にいきなり炎天下で働くことは決してよくないからです。

最初は短い時間からスタートすれば、体への負担を減らすことができます。
体調と相談しながら労働時間を決めましょう。

自分の優先順位を決めてお仕事を決める

産休後や育休後に仕事に復帰するのは、色々な面で負担となります。
もちろん中には、早く社会に出て働きたい人もいるでしょう。
毎日子育てをするよりも、外で働いていた方が気分が良いというケースもあります。

体質や性格によって異なる反応があるのは当然です。
とはいえ赤ちゃんが最も母親を必要としている時期に働くことになります。
そこで優先順位を決めることは、とても大事です。

仕事をすると必然的に社会的な責任が生じます。
納期や時間に追われていると、多少の無理をして残業することもあるかもしれません。
しかし最も優先すべきことは、赤ちゃんや自分の体を顧みることです。

そのボーダーラインをはっきりさせておくことは大事です。

職場の人たちは、必ずしも理解してくれているわけではありません。
復帰したのだから大丈夫なはずだと考えて、大量の業務を任せることもあります。

何が大切か優先順位を考えて時にははっきりと断る勇気を示すことも必要です。

まとめ

育休や産休の後に仕事に復帰するために、休みの間にスキルを取りたいと考える人もいるかもしれません。
とはいえ体や赤ちゃんのことが大事ですから、空いた時間に体力が余裕のある時に勉強します。
そうでないと体調を崩すことになるからです。

ブランクがある場合は育休や産休の間に、復習をしておくなら復帰がスムーズになります。

仕事に実際に復帰したあとも、優先順位を見失わないようにしましょう。

当座の最優先事項は体や赤ちゃんのことだからです。
無理をすると、病気になったりすることもあります。
体調をみながら無理せずに、焦らずに復帰を目指しましょう。出産後の最初の一年は特に大切ですから、たっぷりと時間をとって二人の空間をつくることが大切です。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事・働くカテゴリの最新記事