面接対策をしよう!

面接対策をしよう!

面接対策のために何をすればいい?

面接対策のためにしておくべきことは、オンラインならまずはPCや通信環境を整えることです。
無線ルーターを使用している場合は電波が届くところにPCを設置しましょう。
スマートフォンでもいいですが、しっかりと固定して背景にも気を使うことが大切です。

リアルの面接の場合は基本的にはダーク系にスーツを揃えれば対策は充分です。


面接は志望動機などの当たり前のことを聞かれることもありますが、最近は定型的な質問は減ってきています。
理由は即戦力になる人材が欲しいからです。

これは新卒でも中途でも変わりません。
ですから、まずは「自分にはこれこれができます」「この実技や知識をもっています」とはっきりと自分のスキルをアピールできるようにしておきましょう。

たとえ、そのスキルが中途半端でも構いません。あとで勉強すればいいのですから。

自分の強みを探してみよう

自分の強みを探す事は、まさに先ほど言った自分はこの会社に何のスキルで貢献できるかという一点になります。
面接対策としてはもっとも必要とも言えます。

自分でブログやホームページやアプリを運営しているのなら、会社経営と同じような感覚を知る事ができるので、何が必要なのか分かります。

それと同じ事で会社から見て、この人に何をしてもらいたいかと自分で考えてみることです。
販売なら、どれだけ売れるスキルをもっているのか?IT系ならどこのプログラミングやウェブスキルがあるのかなどを探します。

何もない人は、読書をたくさんして書評を付けてきたなど、なんでも良いので継続してきたことを強みとして考えてみましょう。

思わぬ自分の強みに気づくこともあるかもしれません。

口に出して練習をして自然に喋れるようにしてみよう

口に出して練習する対策は重要です。
だれでも、家で歌を歌ってみたり英単語や英語を見よう見まねで話した経験はあるはずです。

話にしても、家族と話をした経験があるからこそ、外でも流暢に話をすることができるのです。

それと同じことで、面接の対策も口にだして見ると思わぬ文章の間違いや言い間違いに気づくはずです。
何も、練習と同じ事を面接の場で言わなければいけない訳ではありません。
あくまで、声に出すことを恐れないための練習です。

ただの暗記した文章を面接官に話しても恐らく伝わらないでしょうし、面接では自分の内面を表現することが大切です。

でも、その前に家や外で口に出して対策しておくことは本番でもきっと役に立つはずです。

志望動機は企業の良さ、魅力に感じていることを考えてみよう

面接対策として、志望動機や企業の魅力を面接で話することは重要です。
日本では、自分の会社に魅力を感じていないのにも関わらず、仕事を続けいているというアンケート調査もあるようです。

それに対して外国では8割くらいの社員が自分達の会社の仕事が好きであると回答しています。
考えてみれば当然のことで、毎日働く仕事が好きでないのなら、仕事を続ける意味もありません。

志望動機や会社の魅力はその最初の一歩に繋がります。

自動車関連メーカーなら自動車が好きな事が必須であり、けっして大企業だからと選んだら後悔しますし、面接のライバルが自動車好きで能力もあったら勝ち目はありません。
ですから、あなたが本当にやりたい事好きな事を基準に企業を選んで、それに合った企業を選べば自然と企業の良い所は一つは見つかるはずです。

ただし、興味が合えばどんな企業でも良い訳ではなくて、企業研究は重要です。

まとめ

さて、ここまで面接対策について書いてきました。
最近はオンライン面接もあるので戸惑う人もいれば、反対に人と直接合わなくて良い人もいるなど様々です。

会社によってはオンラインではなく直接面接する会社もたくさんあるので、自分がどちらが得意か見極めておくことも必要です。
理由は必ず面接を突破するには得意な方で自分の思いを伝えたほうが面接官の心にも響くからです。

最近は、評価重視と言われますが、それは入社してからの話であって、最初は「この人と一緒に働きたいか?」を見ます。
ですから、あなたのありのままを面接官にアピールし、かつ自分はこの分野ならなってきた、会社に入ってもそのスキルを活かせるとアピールすればきっと面接の突破口に繋がるでしょう。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事・働くカテゴリの最新記事