データ入力の仕事って何をするの?

データ入力の仕事って何をするの?

データ入力とは

データ入力とは、企業が受注したデータをパソコンに入力する作業のことを言います。

データは紙などに書かれていることが多く、そのままでは効率よく利用することができません。
パソコンに入力することでデータベースを作成したり、分析を行うための基盤を作るのがデータ入力の仕事内容です。

仕事内容では大量のデータを打ち込むことが求めらられることがあるため、
正確性やデータを打ち込みながら間違っていないか確認する作業も必要です。

一方でそれ以外にスキルが求められることはなく資格などを持っていなくても正社員や派遣として働くことが可能です。
パソコンの扱いに慣れている人やタイピングに自信のある人であれば、楽しく働くことができる仕事内容と言えるでしょう。

データ入力のメリット

データ入力のメリットは、一日を通してパソコンに向かい続ける仕事内容であるため、他人とのコミュニケーションが苦手な人でも問題なく働けることです。
オフィスワークといっても、現在は社員同士の会話力が求められることがほとんどです。
しかしデータ入力であればパソコンに向き合っている時間の方が長く、会話スキルは必要ではありません。

また体力を使わない点もデータ入力のメリットと言えるかもしれません。
パソコンの前に座って作業をするだけなので、重い荷物を運ぶことを要求されるといったことがないからです。

肉体労働が苦手な方や女性の方にもおすすめできる仕事内容と言えます。

特に派遣では、就業期間が短い求人が多いという特徴もあります。
繁忙期のみ間に合わないのでデータ入力をお願いするという会社が多く、短期間だけ働きたい方や、子育て中の方にも最適です。

データ入力のデメリット

データ入力のデメリットは、デスクワークが中心となるため目の疲れや肩こりなどを感じやすいことです。
どうしてもパソコンを長時間扱う必要があるため、椅子に座ったまま過ごす時間も長く、一日の運動量はかなり低下してしまうかもしれません。

定期的に体を動かしたり、仕事が終わった後にウォーキングをするなどして、運動不足の解消を心がけることをおすすめします。

また基本的には単純な作業が多くなるため、慣れてくると仕事内容に飽きてしまうといったことも起こるかもしれません。

こんな方におすすめ!

  • 会社で経験を積んでみたい
  • 単純作業が得意、苦ではない
  • PCで文字の打ち込みができる

要求されるスキルが少ないく、正社員としてやっていくにはまだ自信がないので、まずは派遣からオフィスワークを始めてみたいという人におすすめです。

実力によっては、派遣から正社員へ登用される可能性もあります。
特に大企業でのデータ入力に採用されると、人によっては上司の方に実力を認められ、違った部署で正社員としての道を歩み出すことが出来るケースもあります。
正社員になって働ける道を探している人にも向いている仕事です。

一方で要求される業務内容が多いと疲れてしまう、という人にも向いているかもしれません。
データ入力であればやることはとてもシンプルですし、一度覚えてしまえば簡単なので働きやすさの点でも魅力です。

まとめ

このようにデータ入力の仕事は、一見すると難しそうに思えますが、実際には慣れてしまえばとても簡単です。

パソコンに関する基本的なスキルを身に付けることもできるので、これから社会に出て働きたいと考えている人は、まずこの仕事から取り組んでみると良いでしょう。

仕事内容もパソコン作業だけが求められるので、人とのコミュニケーションが苦手な場合でも心配することはありません。
社内はエアコンも効いていますし、重量物を運搬する必要もなく快適です。

汗をかいたり体を動かす仕事が好きでない人にも適しています。

働きやすい条件が揃っている仕事ですので、気になるのであればまずは気軽に派遣登録に応募することをおすすめします。
求人数も多く、お気に入りの仕事先が見つかるはずです。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事・働くカテゴリの最新記事