アルバイトとパートに働く内容の違いはあるの?

アルバイトとパートに働く内容の違いはあるの?

アルバイトとパートの働く内容の違い

少し収入をプラスしたいときに、アルバイトやパートなどの雇用形態で就業場所をさがすことがあります。
アルバイトは本業や生活の目的が別にあり、収入を補填する趣旨の短時間労働者の意味をもちます。

一方のパートは正社員より短時間の労働に従事する雇用形態の労働者をさします。

パートタイムという言葉は、某百貨店が女性店員の募集広告に使用したのを契機に、日本全国で普及するようになりました。


もっとも両者の就業形態が短時間労働者というくくりで把握することが出来るのはたしかです。
短時間労働に関するパートタイム労働法では、両者について差異を儲けておらず、実質的には同一の就業形態として把握しています。

したがって法的にはほとんど違いはありません

主婦がアルバイト、学生がパートに応募ができるの?

アルバイトというと大学生や高校生が学業の傍らで、小遣いや生活費をプラスするイメージが強いのではないでしょうか。
同様にパートタイムというと主婦が家事や子育ての合間をぬって生活費を捻出するイメージが定着しています。

それでは主婦がアルバイト、学生がパートに応募することは出来るのかが問題になります。

募集広告では世間のイメージを反映しているので、応募する際も先入観にとらわれて不安になるのは理解できます。

しかし求人広告を出している事業者からしてみれば、短時間労働に対応してくれる人材について求人活動をしているわけです。
採用するサイドからすれば、アルバイトもパートも、必要とする業務内容に違いはないので、主婦がアルバイトに学生がパートに応募することに問題はありません。

アルバイトやパートで働くメリット

正社員ではなく、短時間労働で就労することには数々のメリットがあります。

まず拘束時間が短いので、本業の合間をぬって収入源を確保することが上げられます。

正社員とは違い、就業規則や服務規程にのっとり、フルタイムで労働する必要がないことは、ワークライフバランスを取りやすいということも意味します。

さらにアルバイトやパートで働くことには、柔軟に就業日を設定できるというメリットもあります。
例えば夏休みなどの長期休暇中は、多めに就業日を入れてもらって学期中は週末などに就業日を当ててもらうといった具合です。


主婦の場合は、一定以上の年収にならない限り、扶養配偶者として健康保険や厚生年金の適用を受けることが出来るので、社会保険料の負担増加を回避しながら家計全体の収支を改善できるという点も意識されています。

完全に就業する余裕はなくても、無駄な時間を有効活用して、プラスアルファの収入を確保できる、アルバイトやパートで就業することの大きなメリットです。

まとめ

アルバイトといえば学生が学校生活の傍らで、家計費やお小遣いを稼ぐというイメージが濃厚です。
パートタイムについても主婦が空き時間を活用して家計の足しを稼ぐというのを想定しがち。

しかし両者は短時間労働者という点で共通しており、法的取り扱いに違いはありません。

学生がパートタイム募集に応募することに問題はなく、主婦がアルバイトに応募するのも同様です。

求人広告を出している事業者からすれば、便宜上アルバイトなどの用語を使用しているに過ぎないからです。

アルバイトなどの短時間労働することのメリットは、空き時間を有効利用して、新たな収入源を確保できることにあります。また本業にあわせて柔軟にスケジュールを組み立てやすいのもメリットと意識されています。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事・働くカテゴリの最新記事