オンライン面接をする環境はどうしたらいい?

オンライン面接をする環境はどうしたらいい?

オンライン面接とは

オンライン面接とは、オンライン通話サービスを利用して行うビデオチャット形式の面接のことです。
インターネットへの接続を前提にするので、WEB面接と呼ばれることもあります。

パソコンやスマートフォン・タブレットなどの普及で、企業入社の際の面接選考方法のひとつとして利用する企業も増加しています。

実際にオンライン面接を実施する場合、無料ツールのスカイプなどを活用して映像の送受信を通じて進捗するのが一般的です。

インターネットを介したWEB面接は、応募者が企業から遠方の地方に在住しているなど、実際に相対して面接を行うのが難しいような状況で実施されることが多いようです。

日本全国の就業希望者を想定していたり、海外からの人材登用に積極的な企業でもオンライン面接を活用する事例も最近ではしばしば見受けられるようになっています。
また出社を必要としないリモートワークでは書類選考とオンライン面接だけで採用を完結させる企業もあります。

オンライン面接のメリット

オンライン面接を実施することのメリットは、本社などの遠方の面接階上に足を運ぶ必要がないので、移動時間や交通費負担を甘受する必要がないことです。
大学生の就職活動では書類選考などを通過しても、面接試験の段になると、自ら赴くことが当然の前提とされてきました。

大学4年時のための就職活動に備えて、アルバイトなどで現金を用意しなければならないことも。

これに引き換えオンライン面接では、インターネット環境と端末にウエブカメラなどを用意すれば、日本全国どこからでも自宅で面接を受けることが叶います。

オンライン面接をする環境はどうしたらいい?

オンライン面接を受ける場合に必要になるのは、インターネットに接続できる環境です。
自宅でWEB面接を受けたい場合には、自宅でインターネットを接続できる環境を用意する必要があります。

インターネットに接続するためには、回線業者と契約する必要がありますが、オンライン面接を受験する場合には、動画を安定した速度で送受信できるような高速の回線が必要です。
現在使用されているインターネット回線で主流になっているのは光回線ですが、光回線ならば自宅でもWEB面接ができる、十分な回線のスピードがあります。

オンライン面接を受けるためにはパソコンかスマートフォンが必要です。
どちらを使用する場合でも、リアルタイムで映像の送受信ができるような性能を持ったハードを準備したほうが、安定した環境で面接が受けられます。

WEB面接は声だけでなく映像の送受信もおこなわれるので、自分の姿がうつせるカメラがついているパソコンかスマートフォンを準備する必要があります。

PCから行う場合

PCを利用してWEB面接をする場合でも、通常の面接と同じような準備が必要です。
服装も通常の面接で着ていくような服を着て面接を受けるほうが、相手にも良い印象を持ってもらえます。

カメラに自分の姿が映っているかどうか、WEB面接の前にあらかじめ確認しておいたほうが、安心して面接を受けられます。

パソコンを置いている場所によっては、映さないほうが良いものが映っている場合もあるので、そのようなケースでは、あらかじめパソコンの位置を移動しておいたほうが最適です。
カメラが接続されていないタイプのパソコンでオンライン面接をする場合には、受験する企業に相談すれば、パソコンに接続して使用できるカメラを貸してもらえる場合もあります。

会話の送受信をするためのヘッドセットなども事前に準備しておきます。

スマホから行う場合

スマートフォンからオンライン面接を受験する場合にも、ネットに接続できる環境とカメラは必要です。
スマートフォンの場合には、標準でカメラが搭載されている機種も多いので、パソコンよりはオンライン面接が受けやすい環境にあります。

スマートフォンでオンライン面接を受ける場合には、スマホで会話の送受信ができるために、ヘッドセットなどの専用の機械は不要ですが、自分の顔がしっかりと映るように、スマホを置く場所をあらかじめ確認しておいたほうが最適です。

スマートフォンの位置が遠すぎると会話がしにくくなるので、片手でスマホを持ちながら面接を受けるのが一般的なスタイルです。

WEB面接を受けているときには、自分の顔が常にカメラを通して相手に送られているので、スマホの位置を固定させてぶれないように注意する必要があります。

オンライン面接を行うためのマナー

オンライン面接を受ける場合には、通常の面接と同じように守ったほうが良いマナーがあります。
スマホを使用してオンライン面接を受験する場合には、スマホの着信音が鳴らないようにあらかじめ設定しておくのが適切なマナーです。

バイブレーション機能にしても、振動の音が相手に聞こえる場合があるので、サイレントモードにしたほうが安心です。

パソコンを使用してオンライン面接を受験する場合には、面接中にほかの種類のソフトを使用しないようにするのも正しいマナーです。
面接中に誤ってほかのソフトが起動してしまうと、相手の印象も悪くなってしまうので、ソフトは全て停止させた状態でWEB面接を受けるのが正しい方法です。

WEB面接が終了した後は、お礼のメールを送ればさらに相手の印象が良くなります。

まとめ

オンライン面接を受ける場合には、あらかじめインターネットに接続できる環境を準備しておく必要があります。
オンライン面接ではテレビ電話のように、映像と音声を両方使用するため、回線の速度が速い環境を準備しておいたほうが最適です。

光回線ならば、映像と音声をリアルタイムで送受信できるスピードがあります。

パソコンでオンライン面接を受験する場合には、映像と音声の送受信ができるように、特定の機器を準備しておくことも必要です。
カメラがついていないパソコンの場合には、外部からカメラを接続してWEB面接をおこないますが、カメラは面接の前に企業から借りることができる場合もあります。

スマホでWEB面接を受ける場合には、片手でスマホを持ちながら会話をすることになりますが、自分の姿がしっかりと映るように位置を調整しておきます。

WEB面接を受験する場合には、通常の面接と同じように守るべきマナーがあり、スマホの場合には着信音が鳴らないようにしておくのが正しいマナーです。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事・働くカテゴリの最新記事