面接で必ず聞かれる質問は?

面接で必ず聞かれる質問は?

面接で必ず聞かれる質問はあるの?

転職をする場合には面接をすることになりますが、その時には事前に面接の準備をしておいた方が安心できます。
準備をする場合には、面接で必ず聞かれる内容を調べておきそれに対する答えを考えておくことが必要になります。

ではどのような内容の質問が必ず聞かれるでしょうか。

これは必ず聞かれるから自分の中で答えを考えておこうというものをご紹介いたします。

①退職、転職を決意した理由

面接の質問で、退職や転職を決意した理由を聞かれる場合、一体どのように答えたら良いのでしょうか。
このときのポイントは、基本的にネガティブな事は答えないことです。
ポジティブなことを話すことで、より良いイメージを面接官に持たせるためです。

しかしながら現実には、大抵転職する場合は良い理由で転職すると言うよりも、どちらかと言えばネガティブな理由で転職している人の方が多いでしょう。

例えば、職場に嫌な上司がいたので転職したと言う場合や、その会社に将来性がなかったので転職したと言うものです。
それ以外にも、人間関係が良くなかったので転職を考えているといった話もよくあることです。

そのまま正直に答えてしまうと、採用されない可能性もあるため少しポジティブな内容に置き換えて答える必要があります。

例えば、人間関係が良くなかったため転職を考えた場合は、「今までとは違って新しい人間にたくさん出会いたかったので転職をしました」と言う内容にした方が良いです。

もし将来性がなく給料に不満があって転職した場合には、お金の話をするのではなく、「新しい会社で自分の能力を十分に発揮したいから転職を希望しました」と述べた方が良いです。

そのほうが、この人を雇えば会社にとってプラスになるに違いないと面接官が判断するか可能性が高いです。

②前職は何をしていましたか?

面接で、「前職は何をしていましたか」と質問をされることがあります。
面接官としては、以前の仕事がどのようなものだったかを知ることによって、その人が入社して会社に貢献してもらえるのかを知りたいのです。

このような場合は、抽象的な答え方をしてしまうとどんな仕事だったのか具体的に想像ができません。可能な限り、具体的な数字を出すようにしましょう。

例えば、管理職をしていたならば、部下が何人いたかを明確にする方が良いでしょう。
営業マンの場合には、1年間でどれだけ売り上げを伸ばしたかやどれだけ契約をとったかということを話すことで、より相手に伝わりやすくなります。

では具体的な数字を述べるのが難しい場合はどうしたらよいでしょうか。
例えば、事務職をしていた場合です。
この場合は営業成績や部下の人数等は出すことが難しいです。

そこで、職場で何を専門的に学んできたかなどを明確に述べる必要があるでしょう。
例えば事務作業を通じて、会社のお金の動きを学びましたと言う内容でも構いません。


転職する前の会社と面接をしている会社の業種が全く異なる場合でも、可能な限り具体的に述べることで評価されることがありますので正直に答えるべきです。

当社に応募した理由はなんですか?

当社に応募した理由はなんですかと聞かれることもあります。
この場合は、「御社の商品やサービス内容が気にいったからです」と答える人も少なくありません。
ですが、この内容だと不十分な回答であることが多いです。

この場合、面接官が聞いてくるのは、一体どのようなサービスや商品が気に入ったのかと言う内容です。
つまり、あらかじめ商品やサービスをよく調べておき、どのような質問が来ても大丈夫なように知識を入れておくしかありません。
この時には、その商品やサービスのメリットに注目する事になりますが、できればデメリットなども見ておきましょう。


さらに深く突っ込まれることを予想して、競合他社の製品を調べておくと良いです。
競合他社の製品と応募した会社の製品やサービスなどを比べて、どのような面に違いがあるかまで答えることができれば、評価が高いことになります。外部の人間がそこまで会社のことをよく考えてくれているとすれば、面接官も思わず採用したくなるでしょう。


もう一つよくある解答例としては、前職の経験を生かすことができるからといったものがあります。
実はこの内容も不十分で、どのように生かすことができるかそして生かした結果どうなるかまで答えることが必要になります。

将来の夢はなんですか?

将来の夢に関して聞かれることもあるでしょう。
転職の場面で、将来の夢を答えるのは少し大げさに感じるかもしれませんが、実際によく聞かれる質問のため明確な回答を用意しておくことが必要になります。

そもそもこのような質問をする理由は、転職希望者が明確な目標を持って仕事をすることができるかを知りたいからです。
会社としては、ただ漠然と言われた通りに仕事をするだけの人を雇いたいとは思いません。それよりも、明確な目標を持って積極的に行動する人を雇いたいと考えます。

この時どのような回答がよいかと言えば、自分自身の夢と言うよりも、社会貢献に絡めた夢の方が良いでしょう。

例えば、「御社の商品を使ってそれを世界に広め発展途上国をさらに発展させたいです」と答えても良いです。
この時、あまり細かなプランなどを考えておく必要はありません。
しかし、面接官がその内容に興味を持った場合には、突っ込んで質問をしてくる可能性があります。

どのような質問が考えられるかと言えば、「どの程度実現したいですか」や、「将来の夢を実現するために何が必要だと思いますか」と言うものです。

決まった答えはありませんが、具体的な数字などを入れて相手にわかるように回答することが必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
事前準備をして面接にのぞみたいですね!

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事ノウハウカテゴリの最新記事