履歴書はやっぱり手書きがいいの?

履歴書はやっぱり手書きがいいの?

手書き・PC入力企業によって印象は様々

手書きの履歴書かPC入力の履歴書かの印象は企業によって反応が様々であるため、応募を検討している企業の社風をよくチェックしてどちらが良いのかを選ぶのが良いでしょう。

転職の場合には新卒ほど書き方を重視されるわけではないものの、それでも影響がまったくないとは言い切れません。

書き方がどのような方法であったとしても中身を重視するところもあれば、手書きを重視している企業もあります。

PC入力の方が最低限のスキルをはかることができると評価する企業もありますし、手書きの履歴書でなければその時点ではじく企業も少なくありません。

近年は紙の履歴書の提出すらなく、電子化されたものを求められることもあるのでそのような企業の場合には必然的にPC入力となり、手書きは印象云々の前に転職活動の土台に上がることすらできないこともあります。

このように履歴書に対する印象、考え方は企業によって大きく異なってくるので覚えておきましょう。

手書き履歴書のメリット・デメリット

手書きの履歴書のメリットは無難であり、マイナスになりにくいというものがあります。

PC入力の履歴書を減点材料とする企業は未だに多くても、手書きの履歴書をマイナスと考える企業はそれほど多くありません。

プラスにならなくてもマイナスにならないというのは、その時点で手書きの有利な点と言えるでしょう。

その上で状況次第では手書きが有利になる可能性が高いので、PC入力よりも有利になりやすい書き方になります。

最終的に二人の人間が合否のラインにたった時に、片方が手書きで片方がPC入力であれば手書きが選ばれやすい傾向にありますから、書き方ひとつで合否を左右されたくないというときには手書きのほうがベターな選択になります。

デメリットとしては手間がかかるということがあげられます。
必要な情報を手で記入していくのはそれだけで非常に手間がかかりますし、ミスがあれば最初からやり直しになってしまうので、一枚書くだけで一時間、二時間とかかってしまうことも珍しくありません。

複数社に応募をするつもりであれば、履歴書を書くだけで多くの時間が取られてしまいますから、履歴書を書く手間というのは転職活動をする妨げになってしまうデメリットがあります。

PC入力履歴書のメリット・デメリット

PC入力履歴書のメリットはなんと言っても手間がかからない点にあります。
誰が入力してもきれいな仕上がりの履歴書が短時間で制作をすることができるので、時間の節約につながります。

途中でミスをしてしまってもPC入力であれば、訂正は容易ですから一からやり直す必要もありません。
何十枚と印刷をしても手間は同じなので、複数社に応募をする時には大きな負担の軽減になります。

字が下手な人は下手な字をマイナスと取られない利点もあり、字が下手だから落とされてしまうケースを避けることができます。

デメリットはPC入力を認めていない、あるいは好ましく思っていない企業もまだまだ日本には多いということです。

予め手書きを指定されている場合には良いのですが、指定はされていないものの手書きが推奨されているといった場合には、スタートの時点で不利な状態から始まってしまいます。

他の人よりも抜きん出たスキルを持っている人であれば気にする必要もないかも知れませんが、どんぐりの背比べ状態になった時には、手書きの履歴書が有利になりやすいため、他の応募者との比較で不利になりやすい潜在的なデメリットがあります。

マイナスになりうる可能性を秘めているのは、転職活動をする上では大きなデメリットと言えるでしょう。

まとめ

履歴書の書き方には手書き・PC入力の両方があり、どちらにもメリットとデメリットがあります。

基本的には企業が指定するものを選ぶことになります。

指定がない場合には、どちらを選ぶのかは個人が考えることになりますが、企業の社風を考えて手書きが良いと思えば手書きを選択するのが良いですし、PC入力で問題ないと判断するのであればPC入力で良いでしょう。

手書きで得られるメリットがPC入力の手軽さよりも小さいものだと考え、時間効率を重視するのであればPC入力を選択も悪くありません。

是が非でも入りたい企業があり採用の確率を少しでもアップさせるためには、どのような手間も惜しまないという考えがあれば、手書きの履歴書が間違いのない選択となります。

ぜひ参考にしてみてください。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事ノウハウカテゴリの最新記事