第二新卒とは?

第二新卒とは?

第二新卒とは

第二新卒とは、学校を新卒で企業に就職したのち、数年以内に何らかの理由で退職した人たちの総称です。
退職理由は様々ですが、就職して実際に働いてみて業種が自分に合っていなかった、またはさらに上に目指したくなった、そして会社内の人間関係が合わなかった、ブラック企業だったという理由などが主となっています。

そんな第二新卒が、人手不足の中、企業内でにわかに注目を集め始めているのです。
それは一度就職試験をクリアできたということで、ある程度の能力とポテンシャルがあることと、まだ若く会社組織に馴染みやすいことです。

一般的な中途採用とは区別されており、中途採用では即戦力が買われますが、第二新卒ではまだこれから育てる人材だと捉えられています。

一度就職した会社で定年まで働く時代ではなくなったため、転職エージェントなどでも第二新卒が注目を集めています。
新卒で入社した会社で何があっても三年は我慢するようにというような旧態依然とした考えではなく、若者が転職し、新たな挑戦ができるための考え方といえるでしょう。

第二新卒の定義いつまで該当するのか

第二新卒には厳密な定義はありませんが、主に大学などから新卒で企業に就職し、1~3年で離職した若者になります。年齢は25歳前後が当てはまります。
大学院の卒業生は27歳など少し年齢が高くなる場合があります。

一般的に新卒で正社員として就職した若者がメインになりますが、転職エージェントによっては、正社員だけでなく派遣社員や契約社員経験者も第二新卒と扱う場合もあります。
また留学などによって新卒入社の機会を失ってしまった若者も同様の扱いになります。

第二新卒の年齢の定義は、二十代半ばの若者と幅は狭く、三十代にもなると完全に対象から除外されます。

これは三十代は社会人としてある程度完成されており、会社側にとって、第二新卒に求められる柔軟性とは求められる方向が違うからです。

また年齢が二十代半ばであっても、学校卒業後にどこにも就職せず、期間を置いて就職活動を始めた場合も、第二新卒扱いにはなりません。
この場合は既卒扱いになります。

そして新卒入社した会社を退職直後、もしくは退職予定で転職活動する前向きな姿勢をアピールできる時期のみ、第二新卒として取り扱われる風潮があります。
第二新卒として転職を希望する場合は、あまり時期を空けずに転職活動を開始するとよいでしょう。

第二新卒のメリット

第二新卒のメリットは、一度就職して働いた経験があることです。

まず新卒で就職を果たしたという点で、一定以上の能力とやる気があることが証明されます。
新入社員として、名刺の受け渡しや電話応対などの社会人としての研修も受けている点も有利です。

また年齢的にも新卒とほぼ変わらないので、上司よりかなり年上になる可能性もありません。

一番のメリットが、一度社会経験を積んだことで自分の適性を理解していることです。
新卒で就職した場合は、どんな業種が自分に合っているか理解できておらず悩むこともありますが、第二新卒ではそのミスマッチが少なくなるといえます。

そしてはっきりとした目的を持って第二新卒として就職する場合は、ポテンシャルも高く、会社への貢献も期待されるでしょう。
年齢的な若さから、会社の規律や雰囲気に馴染むことのできる柔軟性も買われます。

新卒のようにやみくもに就活を行った結果入社するのではなく、会社の内容や将来性に共感して入社したという姿勢を見せれば、会社側にも好意を持って迎えられるでしょ。

第二新卒のデメリット

第二新卒のデメリットは、すぐ辞める人材なのではないかと疑われることでしょう。

我慢ができないか、逃げ癖がついているのではないかという目で採用担当者に見られるかもしれません。

その対策として、なぜ前職を退職したのかという点を明確に説明する必要があるでしょう。
前職のどんな点が合わなかった、その上で今後はこう頑張っていきたいというやる気のアピールが大事になってきます。

また第二新卒ということで、ある程度の即戦力が期待されますが、前の会社で教えられたマナーやスキル以上の実力を求められる場合があるため、最初は苦労したり期待に応えられないこともあります。

異業種に転職した場合は、さらに会社内では当たり前の用語が分からなかったり、業務の流れが未体験のこともあります。

新卒では知らないのが当然とみなされるので、一から教えてくれますが、第二新卒は、自分から知らないことを尋ねたり、前向きに勉強する姿勢を見せる努力が必要になります。

第二新卒ならではの転職活動をしよう!

第二新卒としての転職活動に必要なものは熱意と、冷静な自己分析と会社の分析といえます。
会社側が知りたいのは、前の会社を辞めた理由と、なぜ今回は自分の会社への就職を希望しているのかという点です。

もし前の会社の仕事の内容が自分に合っていなかった場合は、その理由と、それに対してどう努力したかを明確に説明しましょう。

反省する点があれば素直に反省し、新しい会社ではどのような業務を望んでいるか、どう会社に貢献したいかを前向きにアピールすればよいでしょう。

第二新卒には、一度社会で働いた経験という財産があります。

その財産を生かして、自分の適性に合った会社を選び、新しい業務にも挑戦できるのです。

会社の理念や内容をきちんと研究して転職活動を行いましょう。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事・働くカテゴリの最新記事