面接などで緊張しない方法!

面接などで緊張しない方法!

なぜ面接で緊張しちゃうの?

仕事やバイトの面接に行くとき、どうしても緊張してしまう方って多いのではないでしょうか。
緊張することが悪いことだとは言い切れませんが、頭が真っ白になってしまって本来の実力を出せず、面接に落ちてしまうなんて事があっては困りますよね。

毎回頭が真っ白になるほど緊張してしまうという方は、なぜしてしまうのかその原因と対策をしっておくことで、面接をもっと有意義にすすめられるようになるのでおすすめです。

まず緊張する原因の一つに、プレッシャーがあります。

大事な場面でミスをしてはならないと考えすぎることで、逆にミスを招くほどガチガチになってしまうことがあります。
また、慣れていない雰囲気や場所の空気が負担となり、いつもの調子が出せないことも原因となります。

さらに誰かと一緒に面接を受けている時は、自分と比べてそちらが素晴らしく見えてしまい、自分を追い込んでしまうこともあります。
自分も上手くやらなければという気持ちが自分を縛ってしまうと、さらに緊張状態に追い込まれます。

他人が要因となっている時以外にも、単純に自分の準備不足というのも原因となります。
準備が不十分のため、うまくできるのかが常に不安に思われると、リラックスできない要因となってしまいます。

緊張しない方法

それでは、緊張せずに面接を受けるためにはどうしたらいいのでしょうか。

最初に大切になってくるのが、ミスを恐れないという事です。
誰だってなんでも完璧に行うことは難しく、ミスはするものです。

ミスをせず終えられたらとてもいいですが、多少間違えてもそれが面接に落ちる理由に直接は繋がりません。
気にしすぎるとすべてがミスに思えてくることもあるので、ミスを1つもしないより自信をもって話すことを意識するようにしましょう。

そして面接中に人と自分を比べないことも大切です。

確かに他人がどんなことを話すのかは気になりますが、その場で自分がこれまで用意してきたものをとっさに変更するよりは、自信をもって話をする方がよっぽど高評価につながります。
他人が素晴らしい事で自分を落とすことなく、常に堂々としている態度が好印象となるので、他人と比べすぎないようにしましょう。

またしっかりと準備をしておくのも、気持ちをリラックスさせる大切な方法です。
何度も練習を繰り返して準備を抜かりなく行っておけば、あれだけ練習したのだからと堂々と面接を受けることができます。

自分で自分を追い込んでしまうことがないよう、準備はしすぎというくらいしておくのがおすすめです。

面接の対策をしてみよう!

しっかりと準備をして落ち着いて面接をうけるために、対策をきっちりおこなっておきましょう。まずは対策したいのが、身だしなみです。

人の第一印象のほとんどは、視覚から入ってくる情報で決まると言われています。
話す前に印象を落とすことがないよう、面接に適した身だしなみをチェックしておくことも対策のひとつです。自分に自信をつけるという意味でも、見た目はとても大切なポイントです。

次に外してはいけないマナーも、しっかりと身に着けておきましょう。
話す内容をミスするより、マナーの悪いことをしてしまう方が悪印象につながってしまう可能性があります。
どんなマナーが正しいのかを確認しておくことで、より好印象を引き寄せることができます。

そして何より大事なのが、どんな質問にも対応できるようにしておくことです。
質問に対して何を答えるのかを全く考えていないと、質問されるたびにうろたえてしまうことになります。

面接でよく聞かれる定番の質問に対する回答を考えておくことはもちろん、入りたい会社の業種に合わせて様々な質問を想定したり、時事問題までしっかりと学んだりしておくことで、どんな質問がきても堂々と答えられる対策をすることが出来ます。

普段からできる緊張対策

事前にしっかりと対策をしていても、どうしても全く緊張しないというわけにはいきませんよね。
当日になってしてしまった時にそれを高めない対策法を学んでおくことも、リラックスして面接を受けるためには大切です。

まずは口に出して緊張しているということを言ってみましょう。

誰かに伝えるのでもいいですし、自分自身で口に出してみるだけでも効果的です。
言葉に出してみることで気持ちをスッと抜くことが出来ますし、他にも面接を受ける人がいる場合は、その場の雰囲気を和ませることも出来ます。

さらに無理やりポジティブなことを言ってみるというのも、対処法の一つです。
直前になると失敗してしまうかもしれないとネガティブな気持ちが浮かんでくると思いますが、自分ならできる、たくさん練習したから大丈夫と無理やり口に出してポジティブなことを言うことで、前向きで明るい気持ちを引き出すことが出来ます。

緊張していないふりをするというのもおすすめの対処法です。
自信のない雰囲気を作ってしまうと、自分自身でその空気に飲まれてしまうことがあります。

今の状況にも動じていない堂々とした姿勢を自分で無理やり作る事で、周りから見ても自信があるように見えますし、自分自身の気持ちを高揚させることも出来ますよ。

まとめ

普段なかなか出くわすことがなく、いつになっても慣れない面接という場において、緊張しないというのはなかなかできないことです。

よい緊張感は自分の能力を引き出してくれることもあるので、全くしないことがいいこととは言い切れませんが、毎回頭が真っ白になってしまって今までの練習の成果を全く発揮できないということがあれば悔しいですよね。

今自分が持っている本当の能力を最大限にアピールして、自分に合った希望の会社に入社するためにも、いつも緊張しすぎて実力が発揮できないという方は特に、その原因やその対策、当日になってガチガチになってしまった時にどう行動したらいいかをしっかりと頭に入れておきましょう。

本番に向けてたくさん練習したり対策したりすることで、自分は大丈夫と言い聞かせることも出来るようになるので、落ち着いて面接が受けられるようになります。
受けた後に後悔しないためにも、早めに対策は行っておくようにしてきましょう。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事ノウハウカテゴリの最新記事