面接に遅刻しそう!時間のマナーを確認しよう!

面接に遅刻しそう!時間のマナーを確認しよう!

面接会場には何分前に到着したらいいの?

時間と言うマナーは面接でも、とても大切なことです。
これくらい前に行くのが大丈夫だろう、と考えていても案外そうとは限らず個人個人によって、考え方など変わってしまうようなこともあります。

不安を一切なく面接をしっかり自信を持って取り組めるようになるためにも、時間のマナーについてしっかり理解することが大切です。

まず面接の到着時間は何分前ぐらいがベストなのか、と言うことについてしっかり理解しておきましょう。

もちろん面接の担当者によりけりではありますが、一般的に10分前が一番適当な時間と考えられます。

すでに面接何度か訪問していて確実に5分前に到着できるような状態であれば、もちろん5分前でも問題はないのですが、
訪問する企業で初めての場合など、ちょっとした間違いがあっただけでぎりぎりの時間になってしまう危険性があるからです。

また一方で早く到着しすぎるのも、問題といえます。

面接担当の人に仕事を中断させてしまうかもしれませんので、やはり10分前くらいが適当な時間と言えるでしょう。

相手の立場を考えてしっかり行動できるか、と言うことが大切なので、15分前に到着した場合には「少し早く着きすぎてしまい、お待たせ待たせていただいても問題ないでしょうか?」など言えば気配りのある応募者と考えてもらえるでしょう。

どうしても間に合わない!そんな時はどうしたら?

面接にどうしても遅刻してしまうような時には、どのような行動を取れば「マナーを守れる」と言えるのでしょうか。

十分余裕を持って出かけても事故などもゼロとは限りませんし、電車だって遅延したり運休してしまったり、渋滞などのトラブルに巻き込まれてしまう場合もあります。

きちんとマナーを守り対応することで、大きな問題にならずに済む場合もあります。

まず遅刻する可能性があった時には、すぐに面接担当者などに電話で連絡をするのがマナーであり、報告連絡相談をすることは社会人の必要なスキルです。
きちんと遵守しましょう。

この時伝えなければいけないのは
・遅刻することのお詫び
・なぜ遅れるのか
・到着予定時間を伝える

この3点をしっかり伝えることができれば、最悪の事態は避けられると言えます。

面接開始時にも遅刻したことへのお詫びや時間調整をしてもらえたことをきちんとお礼を伝えることが重要であり、遅刻してしまったことはしかたありません。
トラブルが起こった時にしっかり対応できる人だ、と言うことを評価につなげることは可能なことなのです。

まとめ

以上今回は、面接時における時間に関するマナーについてご説明してきました。

もちろん早めに出発し、公共交通機関で何かしらのトラブルが生じてしまい遅刻してしまうことを避けるのは最低限のマナーです。
普段よりも移動時間も長めに見積もっておき、現地には確実につけるようスケジュールを立てておきましょう。

もしも早く着きすぎて時間があるなら、近くのカフェに入ると言うような形で時間が来るのを待つのがおすすめです。
その時に「面接で話そうと思っていたこと」や「どのようなことが聞かれるか」シミュレーションをしながら、面接の予習を行えば面接がうまくいく可能性が高くなります。
面接頑張ってください。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事ノウハウカテゴリの最新記事