転職成功!いったいどんなことをしたの?

転職成功!いったいどんなことをしたの?

転職成功!どんなことをしたの?

転職を成功させたいなら、そのためのポイントを踏まえておくことが大切です。自分の価値観にもとづいた勝手なイメージだけで進めるのは良くありません。
個人的な満足度は重要ではなく、企業側に採用したいと思わせることが重要だからです。

ポイントを把握する効果的な方法としては、成功した人とそうでない人の違いを明確にすることが挙げられます。前者だけが重点的に行っていた取り組みがあれば、自分もそれを実践することで上手くいく可能性を高められるでしょう。たくさんの例を知って傾向を分析したうえで、それを手本とするのが理想といえます。


とはいえ、身近に該当する人がいなければ質問できないため、具体的な例を多く把握するのは現実的ではないケースもあります。
そんな場合に役立つのは、インターネットの体験談をできるだけ多くチェックすることです。そうすると、自己分析や情報収集といった取り組みが、転職できた人に共通しているのを知ることになるでしょう。
これらは結果に大きな影響を与えやすいものであり、ないがしろにした場合は、地に足が着かない状態で転職活動を進めることになりかねません。

他にも行うべき対策はありますが、まずはこの2点を万全にしておくのが望ましいです。

自己分析

自己分析とは、その名のとおり自分に関する分析を行って、自分がどういうビジネスパーソンなのか理解することです。


企業が履歴書や職務経歴書を求めたり面接を実施したりするのは、採用するかどうかを判定するために、応募者のことを深く知りたいからです。
企業に正しく知ってもらうには、まずは自分が正確に理解しなければなりません。
そのためには、漠然としたイメージで捉えるのではなく、具体的にキャリアの棚卸しを行っていく必要があります。
これまでに携わってきた仕事を、成果の大小に関係なくすべてリストアップしてみましょう。

こうすることで、キャリアが目に見える形になるので、自分を客観視できるようになります。用いたスキルに関しても、できるだけ細かく書いておきましょう。


時間のかかる作業ですが、結果を見てみると自分はどんな仕事の経験が多く、何を得意としているのか把握できます。
逆に、失敗しやすい仕事や克服すべき課題も見えてくるでしょう。こうやって自分の強みや弱みなどを明確にすることで、自分に合った企業を選びやすくなりますし、アピールする材料を選別しやすくもなります。
したがって、転職活動をスタートさせるうえで最初のステップにするのが妥当です。

情報収集

自分の応募する企業について、しっかりと情報収集しておくことも非常に重要です。

求人情報に書かれているような情報しか知らないと、本当に自分に合っているかどうか判断できませんし、説得力のある志望動機を考えられません。

少なくとも公式ホームページを細かくチェックして、経営理念や近年の実績は抑えておきましょう。業界紙や関連する経済ニュースを確認することも忘れてはいけません。

また、大学などの先輩が働いているなら個人的にアポを取ってOB訪問をするのも一つの手です。申し込めば職場を見学冴えてもらえる企業もあります。

このような取り組みにより、できるだけ実情を把握しておくと、企業が自分の熱意を感じ取ってくれる可能性が高いです。

たとえば、具体的な事実をベースにした志望動機を考えることで、それだけ企業を研究していることが伝わります。
抽象的な志望動機しか述べられない他の応募者より強いインパクトを与えられるので大きな差別化となるでしょう。

また、面接の場では応募者にも質問の機会を与えられることが少なくありません。その際に、事業内容などについて具体的な質問を行うことでも、真剣な気持で応募してきたことを分かってもらいやすいです。

転職後のギャップの確認

多くの人が勘違いしていますが、応募した企業に入社できたからといって、必ずしも転職が成功したとは言い切れません。

社風や仕事内容などが自分のイメージと違っており、働きだしてから満足できないと感じて、また転職活動をする人も多く見受けられます。

つまり採用されたといっても、結果的に時間や費用を浪費しただけなので、転職は失敗だったといっても過言ではない状況です。そのような事態を避けたいなら、転職後のギャップについて事前に考えておくことが欠かせません。前述の情報収集の中で、転職サイトの体験談もチェックしておけば、どれぐらいギャップがありそうか予想できます。


また、入社した後にギャップがどれくらいあるのか確認することも大事です。
後になって気付いて悩むより、早めに気付いて転職活動を再開したほうが傷が浅くて済むという考え方もあるからです。

このように、応募前と入社後はギャップに対する意識をしっかり持つようにしましょう。

まとめ

多くの人にとって転職は簡単なものではありません。
よほどの実績やスキルがない限り、すんなりとは採用してもらえないと考えておく必要があります。
したがって、甘い見通しを立てるのは良くありませんが、悲観的な気持ちにならなくても大丈夫です。

今回紹介した対策をしっかり行っておくことで明るい未来は見えてきます。

「自分のことは知っていて当たり前」という思い込みを捨てて自己分析を行ってください。

いろいろと忙しくて面倒に感じても、情報収集に割く時間を惜しんではいけません。
これらを積極的に行うと落ち着いて転職を見据えやすくなるため、働き始めてからのギャップを減らす効果も期待できます。

転職を成功させるため、ポジティブに実践していきましょう。

東海道シグマの、より良い環境でお仕事を

東海道シグマではあなたの”はたらく理由”に寄り添いお仕事の紹介ができます。

  • 大切な家族と過ごす時間が欲しい
  • 扶養控除内でお仕事がしたい
  • 趣味も仕事も楽しくしたい

自分のはたらく理由に合わせてお仕事探ししてみませんか?
あなたに ぴったりのお仕事をご紹介いたします。

▶︎▶︎▶︎お仕事紹介はこちら

仕事ノウハウカテゴリの最新記事