職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

職務経歴書って何を書けばいいの?

キャリアのあるビジネスパーソンが転職を希望する場合、履歴書だけではなく職務経歴書をしっかりと作成し、面接官にアピールすることが必要になります。
職務経歴書には、自分がそれまで携わっていた業務の詳細な内容や、あげた業績や成果を書きこむのが基本です。

履歴書のように書式が定まっていないため、何を書けば良いのか迷ってしまう人も多いかもしれません。しかし、新卒と違って即戦力を期待されるキャリア採用では、この職務経歴書の内容が大きくその結果を左右します。

実務経験や知識、資格はもちろんのこと、経歴書の書き方自体がプレゼン能力を示す指標ともなるので、正しい書き方を身につけ、自分を強くアピールできる職務経歴書を作成しましょう。

職務経歴書の基本

職務経歴書には決まった書き方はありませんが、自分の実務能力を面接官にアピールする目的の書類です。
そのため、「自分がこれまで携わっていた業務内容」「そこに関わっていた期間」をなるべく正確に、詳細に記載するのが基本となります。

まず冒頭で自分の職務経歴を簡単に文章で要約しておくとわかりやすいでしょう。
その後、所属していた組織や会社の従業員数や売上高、資本金等の規模などとあわせて実際に行っていた業務について詳細に記述します。
自分の所属部署や役職だけでなく、売り上げや成果など、具体的な数字にできるものを載せておくと説得力を持たせられるため、アピールに効果的です。
社内で表彰されたり、資格を取得したりなどした場合も評価されていた証拠となるので、忘れずに記載しましょう。自己PRや志望動機も重要です。

履歴書にも同じ項目がありますが、それと同じものを書くのはあまり良いやり方ではありません。
職務経歴書ならではの、実務経験やエピソードを盛り込んだ志望動機を入れるのがおすすめです。

枚数の制限はありませんが、だいたいA4用紙で2~3枚に収めるのが良いでしょう。とはいえ、何度も転職をしていたり、多岐にわたる業務の経験がある場合は、多少長くなっても詳細な記載があるほうが有効なアピールとなります。

履歴書と職務経歴書の違い

職務経歴書とよく似たものとして、履歴書があります。

住所や学歴、簡単な職歴や顔写真など、基本の情報を記載するのが履歴書であり、書式も決まっているためそれほど工夫の余地がないという点が職務経歴書との大きな違いでしょう。

また、履歴書には唯一のビジュアルな情報である顔写真を貼付するのも大きな違いです。
書類選考においては顔写真の印象がかなり重要なポイントとなりますので、営業や接客など外見も重視される職種では、なるべく良い写りの写真を選ぶようにしましょう。

履歴書の場合、職務経歴書と違って手書きを求められる場合があるため注意が必要です。多くの書類をPCで作成する時代ですが、手書きする場面がなくなったわけではないので、字の綺麗さや丁寧さを見るために履歴書の手書きを要求してくる企業もありますので、こちらも要項をよく確認しておきましょう。

持っている資格や志望動機など、経歴書と重複する部分も出てきますが、なるべく同じ内容にならないよう工夫が求められます。

職務経歴書の書き方

まず、履歴書と違って職務経歴書はPCで作成するのが基本です。
文章量が多いですし、場合によってはこれまでの業務の成果物についてのデータをグラフや図で添えることもあるため、手書きよりも見やすくなります。

もっとも力を入れるべき点は冒頭の「自分の職歴・能力の要約」で、これを簡潔にまとめつつ相手に「自分の会社にとって有益な人材だ」と感じさせる書き方にすることが重要です。
意欲はもちろんのこと、退職や転職の理由も納得できるものを用意し、盛り込んでおくのがポイントとなります。書き方の注意点としては、履歴書と重複する内容は書かないほうが良いでしょう。

とくにありがちなのが、直接業務と関係のないプライベートな部分をアピール(ボランティア活動や、趣味など)してしまうことです。

あくまで職務経歴書は業務能力を知るためのものですから、関係の薄い情報を混ぜて好感を得ようとするのはあまり良い書き方ではありません。
もしそれらをアピールしたい場合は、履歴書のほうに簡潔にまとめておくのが良いでしょう。また、当然ですが記述の中に虚偽があると大きく信頼を損なってしまいます。

自分を良く見せたいという気持ちがあっても、あくまでアピールで工夫をするにとどめ、虚偽の内容や疑わしい書き方にならないよう、注意が必要です。

仕事ノウハウカテゴリの最新記事