中高年の転職ポイント

中高年の転職ポイント

中高年で転職するポイント

中高年が転職を行う際、ある程度の時間が掛かることを理解しておくことが大切です。
年齢制限の問題をはじめ、中高年の正社員の求人は少なめな現実もあり、求人探しの段階からハードルが上がります。
収入面でも不安定になってしまうため、繋ぎでアルバイトなどが必要になることも少なくありません。

中小企業にも積極的に目を向けてみるのもポイントです。
比較的、即戦力に期待ができる中高年を求める企業も多く、最初は契約社員での雇用だとしても、社員登用によってステップアップできる可能性もあります。

また、正社員転換制度を利用すると、中小企業は助成金を得られることもあるため、登用に関しても積極的な姿勢を見せていることが多いのです。

求人探しの際には、中高年向けの転職サイトを活用するのもおすすめと言えるでしょう。
一般の転職サイトの中から適した求人を見付けるのは難しいですが、最初からミドル層向けの求人を集めたサイトなら情報が絞られていますので簡便です。

先述したように中小企業も視野に入れることが大切ですが、転職サイトにも多数掲載されているため、良い求人と出会える可能性も高まるはずです。

幅広い情報集めを行い、自分にピッタリの求人を見付け出しましょう。

転職で有利になるポイント:キャリアがある

年齢の問題で不利になりやすい中高年ですが、その一方ではキャリアという強みが武器になり得ます。

社会人としてのマナーやモラルはもちろん、同業種なら仕事内容のこともある程度把握しているはずですので、企業としても即戦力の活躍に期待することができます。
若者をいちから育てる余裕がない企業からすれば頼れる人材であり、これまでのキャリアによりスムーズな転職活動が行えるかもしれません。

持っているキャリアをどのようにアピールしていくかも重要です。
いかにして企業に貢献をすることができるのか、効果的に売り込んでいくことができないと、せっかくのキャリアも魅力的に映りません。

自己PRを整理する際には、具体的な経験や実績などを踏まえ貢献度を売り込んでいくことが必要です。
まずは経験を棚卸し、どのような強みがあるのかをしっかりと整理してみると良いでしょう。

その中から自分ならではの良さを見出し、魅力ある人材に見せることが欠かせません。

転職でのポイント:ニーズの確認

その業界からのニーズをしっかりとリサーチするのも重要なポイントです。

中高年が入る余地がない状況では、採用を獲得できる可能性も低くなります。
逆に経験豊富な中高年を求めるニーズが高い業界なら、年齢がハンデとならず好意的に迎えられるはずです。

ニーズを知るには、その業界のことをしっかりとリサーチすることが欠かせません。
どのような戦力を必要とし、どのような仕事が求められているのか、基本の情報集めが不十分ですとミスマッチが起こり得ます。

無論、応募したい会社についてもどんな世代が活躍し、どういった形で貢献ができそうなのか、よく企業研究をしてみることも欠かせません。

なお、ニーズへの認識欠如は転職活動における無用な時間を生み出すことにもなりかねません。
可能性が低い業界や企業へのトライばかりでは時間と費用ばかりが削られていきます。また、スムーズに転職ができないと気力も失われがちですので、少しでも可能性が高いところに目を向けていくことが大切です。

まとめ

どうしても中高年というだけで、転職のハードルが高くなってしまう節は否めません。
年齢の問題だけで落とされてしまうケースが多いのが現実であり、新たな職場探しにも苦労が伴いがちです。

とはいえ、転職ができないわけではありませんので、諦める必要はないでしょう。

ハードルの高さを踏まえ、適切な仕事探しができれば正社員での採用も決して夢ではないのです。

それに、中高年にはキャリアという大きな武器があるのも有利な材料です。即戦力に期待する企業が多くある中、これまで築いてきた経験や実績で貢献していくこともできます。
しっかりとアピールしていくことができるかどうかが肝要ですので、自らを効果的に売り込み採用を勝ち取りましょう。

仕事ノウハウカテゴリの最新記事