介護ってどういうお仕事?

介護ってどういうお仕事?

介護のお仕事内容徹底解説!

少子高齢化が進む日本にとって介護の問題というのは、家庭においても国全体においても決して避けては通れないところです。しかしながら身内や身近に高齢者がいなければ実際に介護の仕事というのがどのようなものなのか、というのが分からない方も多いことでしょう。

実際に介護の仕事というものがどのような内容なのかということについて解説していきます。高齢者だけではなく障害などがあったりする方には、日常生活を送ることにも困難が生じますので、そういったことの手助けをするのが主な仕事内容となるのです。

他の活動はともかくとして、食事や入浴、排泄などは誰でも必ず行わなくてはなりませんので、最も業務内容としてメジャーなものがこれらへの介助ということになります。

まず食事の介助というのは、簡単なようでいて非常に重要な業務です。高齢者の場合は赤ん坊などと同じように咀嚼や嚥下の能力が低下していますので、あまり固い食事や大きなものを頬張ったりすることができません。

無理にこれらを食べさせたりすると、嚥下障害を起こしたりして最悪窒息してしまったり、またそこから異物が入って肺炎などを起こす可能性もありますので、こういったことに気を配りながら食事の手助けをしてあげる必要があります。

入浴の介助というのも介護の重要な仕事の一つです。自宅での入浴を手助けする場合もありますし、施設などに入居していればバリアフリーの設備が整った入浴施設で一人ずつの体を洗ったりということが可能になります。

入浴をせずに体を拭くだけで済ませていると、全身の血行が悪くなり健康にも悪影響が出ますので、高齢者の方の心身のケアのためにもなるべく入浴というのは必要になってくるものです。

とはいえ風呂場というのは足元が滑りやすかったり浴槽をまたぐ際に転倒の危険があるなど、非常にリスクの大きい場所になります。そのため介護者がついてしっかりと手助けをする必要があるのです。

排泄の介助というのも非常に重要な業務ですので、皆が嫌がる仕事ではありますが介護をする上で避けては通れないものになります。高齢になると排泄を失敗したりすることも多いですし、それを防ぐためにオムツをしていても、定期的に交換する必要が出てくるのです。

特に寝たきりなど自分でトイレまで行けないような方の場合、排泄をしたらすぐにおむつ交換をしないと皮膚についてかぶれなどを起こす危険性がありますので、非常に重要な業務だと言えます。

この他にも外出時に車椅子を押したり、利用者の代わりに買い物に行ったりなど日常生活のさまざまなサポートをするのが介護の仕事です。

どんな人に向いている仕事なの?

介護の仕事は基本的に高齢者の方や、その家族と接する時間が長いため接客のように人の気持ちを汲んで理解し、それに寄り添えるような我慢強い人が求められています。

またそれだけではなく、体力的に非常にきつい仕事でもあるため体の健康も要求される要素の一つと言えるのです。特に入浴介助などでは利用者の体を持ち上げたりする必要もありますし、認知症の方が暴れた時などに怪我をさせないように抑えるケースも出てきます。

女性でも介護の仕事はできますが、ある程度男性の介護職員がいた方がこういった事態に対応できるため、男女ともに人手としては求められているのです。我慢強さやこういった体力の他にも、人の健康を預かる仕事ですからきちんとした知識が必要になります。

通常の介護は無資格でも行うことができますが、やはり介護福祉士などの資格を取っておけばより良い待遇が期待できますので、介護の実務を何年か経験した後は介護福祉士などの取得を目指す方が多くなっています。

介護福祉士、もしくはケアマネージャーなどの資格を持っていれば単なる介護者としてだけではなく、ケアプランを立てたり経営に携わるといったこともできますので、キャリアを積んでより高い給与が欲しいという場合にはしっかりとした勉強が必要です。

親や兄弟など、身内に要介護者が出た時にも適切なケアができるため、将来自分の親を介護しようと考えている人にも、おすすめな仕事だと言えるでしょう。

この仕事の魅力は?どんな資格が必要?

介護の仕事に関して最大の魅力は、やはり利用者に感謝されることでしょう。特に身寄りがなかったり近くに親戚などがいない高齢者の方にとっては介護者が唯一の頼れる相手であり、体の自由が利かなくなっている時には非常にありがたいものです。

そのため心からの感謝の言葉を聞けるというのが、介護の仕事において最も嬉しい事の一つとなっています。医療の発達によって高齢化はさらに進むと考えられているため、介護者の需要がこれからさらに高まるというのも、仕事としての魅力の一つだと言えるでしょう。

介護福祉士のような国家資格や、ケアマネージャー、それに各種の介護に関する検定試験などを受けて合格すればそれだけ良い待遇で働くことができますので、もし介護の道に進みたいと考えるならばこれらの資格取得も視野に入れておくのがおすすめです。

特に介護福祉士などは何年かの実務経験がなければ受験もできませんので、最初のうちは無資格でもいいので働き始めるという人がほとんどになります。

送迎を任されることになりますので、普通免許はあった方が良いですが、それ以外に必要な資格はそれほど服はありません。働いていく中で一つずつ必要な資格を取得していくのがおすすめです。

まとめ

介護の仕事はきついこともある反面、非常に需要が高く各施設では人材の奪い合いとなっています。そのためおすすめ求人サイトなどを用いて、より良い条件の職場で働くというのが常識となりつつあります。

施設によっては人手不足で激務になってしまったりすることもありますが、逆に十分なマンパワーを揃えているところでは自分のペースでケアをすることができるでしょう。

有名なおすすめ求人サイトなどを眺めていれば、単純な給料の額面だけではなく休日や手当などによって待遇の良い施設が分かりますので、介護の仕事に就こうと思ったらまずはおすすめ求人サイトなどをしっかりと見ておくことが大切です。

おすすめ求人サイトは口コミなども見られるため、そこで働く自分の姿をイメージしやすいというのもメリットになります。

仕事・働くカテゴリの最新記事