製造業ってどういうお仕事?

製造業ってどういうお仕事?

製造業ってどういうお仕事?

よくアンケートの職業の欄などに職種というものがありますが、その中でも製造業というのはかなりのメジャーな分野です。しかし製造業に携わっていない人間にとっては、具体的に何をやっているのかよくわからない部分もあるでしょう。そこで実際に製造業というのがどのような仕事であるのかということについて、見ていきます。基本的には名前の通りに何かを作り出している仕事ということで、第二次産業に分類される業種です。その分野は幅広く、食品やお菓子などから自動車機械あるいは医薬品などまでであり、まさに日本を支えている仕事だと言えるでしょう。就職先としても手堅い人気を誇っており、特に自動車などの工場は正社員でも派遣社員でも働きやすいということで、新卒、フリーターや外国人などから高い支持を得ています。

製造業と一口に言っても機械のような複雑なものを作る場合には、そのパーツから作る工場とそれを組み立てる工場、そして最終チェックをするところなどいくつかに分かれていますので、例えば冷蔵庫を作っていると言ってもその過程がどこかによって、全く異なる作業を求められることになるのです。日本の産業構造は高度経済成長期に第一次産業からこの製造業などの第二次産業にシフトし、長らく経済を引っ張ってきました。産業のメインが第三次産業に移行した現在であっても製造業が支えている部分は大きく、また人に頼らなければならないという性質上労働組合が強かったりと、働く人間にとっては非常にありがたい部分も持っています。力仕事が多く男性ばかりという印象が大きいかもしれませんが、最近では機械化が進んでおり腕力自体を使う場面はそれほど見られないため、多くの女性も従事しているのです。また機会によって取って代わられやすいと思われがちですが、機械の導入のコストや複雑な工程などが存在することを考えるとまだまだ製造業は人手を求めており、これからも就職先として非常に大きな魅力を持っていると言えるでしょう。

そこで実際に製造業というのがどのような仕事であるのかということについて、見ていきます。基本的には名前の通りに何かを作り出している仕事ということで、第二次産業に分類される業種です。その分野は幅広く、食品やお菓子などから自動車機械あるいは医薬品などまでであり、まさに日本を支えている仕事だと言えるでしょう。就職先としても手堅い人気を誇っており、特に自動車などの工場は正社員でも派遣社員でも働きやすいということで、新卒、フリーターや外国人などから高い支持を得ています。製造業と一口に言っても機械のような複雑なものを作る場合には、そのパーツから作る工場とそれを組み立てる工場、そして最終チェックをするところなどいくつかに分かれていますので、例えば冷蔵庫を作っていると言ってもその過程がどこかによって、全く異なる作業を求められることになるのです。

日本の産業構造は高度経済成長期に第一次産業からこの製造業などの第二次産業にシフトし、長らく経済を引っ張ってきました。産業のメインが第三次産業に移行した現在であっても製造業が支えている部分は大きく、また人に頼らなければならないという性質上労働組合が強かったりと、働く人間にとっては非常にありがたい部分も持っています。力仕事が多く男性ばかりという印象が大きいかもしれませんが、最近では機械化が進んでおり腕力自体を使う場面はそれほど見られないため、多くの女性も従事しているのです。また機会によって取って代わられやすいと思われがちですが、機械の導入のコストや複雑な工程などが存在することを考えるとまだまだ製造業は人手を求めており、これからも就職先として非常に大きな魅力を持っていると言えるでしょう。

どんな人に向いている仕事なの?

自分の仕事を選ぶときにどの業種を選ぶかということはとても大切であり、自分自身の適性をよく理解してそれに合った分野で働くということが重要になります。それでは製造業で働きたいと思った場合、どのような性質を持った人が向いているのでしょうか。まず、物を作る仕事であるため一つ一つの事を丁寧にこなすということが求められます。食品を作っているのであれば直接消費者の口に入るわけですし、また大型の機械や自動車などを作っていればトラブルが起こった場合に人の命を脅かすことにもなりかねません。そのため一つ一つの作業を丁寧に行い、不良やトラブルが製品に起きないような注意深さが求められるのです。

仕事によっては手先の器用さが必要になる場合もありますが、最近では多くの場合機械のサポートを得られるので、それほど重要ではありません。ただし半導体など細かい部品を扱う場合には視力や集中力をかなり要求されますので、目に不安があるという方の場合はなるべくこういった工程は避け、少し大きなものを扱う職場を選んだ方が良いでしょう。また飽きずに同じことをやり続けられる根気も重要になってきます。例えば自動車の部品を作っている工場であれば何年かの間全く同じ部品だけをひたすら作り続け、チェックするということも考えられますので、飽きっぽい人にはなかなかできることではありません。大きな工場であれば数年ごとに担当部署を変えて少しずつできることを増やしていくのですが、小規模な工場では全く同じことだけを任される可能性もありますので、注意が必要です。検品など一部の仕事を除けば基本的には立ち仕事が多いため、体力に自信がないという場合には気をつけておく必要があります。重たいものを持つケースもありますので腰などを痛めないよう普段からケアしたり、サポーターなどで怪我の予防に努めるということも重要になって来るのです。総じて接客などはありませんから、黙々と作業をしたいという人に向いています。

この仕事の魅力は?どんな資格が必要?

多くの人のストレスの最大の原因は、人間関係だと言われています。特に接客業の場合は立場の違いを利用して無理難題を言ってくるお客さんもいたりして、ストレスを溜め込む原因になってしまうのです。その点製造業の場合はほとんどが職場内だけで人間関係が完結しますし、取引先との折衝などは営業の担当ですから、余計なことを考えずにものづくりに没頭できるというのが魅力だと言えます。また単調な作業が嫌だという人にとっては苦痛かもしれませんが、逆に予定外のトラブルなどが苦手な人にとっては、工場のように常に同じ作業をしていれば良いというのは非常に安心感があってお勧めです。工場というのは多くの場合電力を消費しますし、電気料金は深夜の方が安いため夜勤になることもあるでしょう。夜勤の場合は正社員であってもアルバイトであっても二割程度の手当がつきますので、お金を貯めたいという方にもお勧めできます。立ち仕事が多く体力的にきついという側面はありますが、一方で一日中座り仕事で様々な体調不良を引き起こすということも報告されているため、しっかりと休息をとりながら働けば、健康の維持にも最適な仕事だと言えるでしょう。自動車関連の製造などは比較的お給料も良いため、そういった分野を選ぶのも一つの手段です。

まとめ

様々な分野で機械化が進んでおり、また発展途上国などへの工場の移転もあって高度経済成長期に比べれば日本の製造業は右肩下がりであると言われます。しかし近年では機械の発達などもあり、少ない人手で生産ができるということもあって、再び国内で製造拠点を持とうという企業も増えているのです。製造業は比較的安定した産業であり、また接客がないなどの点が就職する人間にとってはメリットとなり得ます。自分自身の特性をよく理解し、根気強くものを作ることに向いている人ならば製造業への就職はとてもおすすめと言えるのです。AIなどの発達によって格段に人間の負担は減っていますので、これまでのようなきつい仕事というわけでもなく、女性でも働きやすい職場が増えていることも製造業の魅力の一つと言えます。

仕事・働くカテゴリの最新記事