女性人気の高い医療事務ってどういうお仕事?

女性人気の高い医療事務ってどういうお仕事?

医療事務ってどういうお仕事?

風邪をひいたり怪我をした際等に医療機関を受診すると、必ず接するのが医療事務に従事している人になります。女性に人気の医療事務は、病院やクリニックなどの医療機関で患者に応対したり、医療費を計算して診療報酬請求を行ったりする仕事のことをいいます。

それぞれの病院やクリニックによって業務内容は異なりますが、受付や会計業務を担当することが多いようです。働く場所としては大規模な総合病院の場合もありますし、個人が経営する小規模なクリニックや診療所などもあります。

それから医療費は、患者が病院などの窓口で支払う費用だけではありません。患者が利用している医療保険の保険者が支払う分もあります。医療事務の仕事はこの費用を月に1回、まとめて診療報酬として請求するものです。レセプトと呼ばれている明細を作成する必要があります。

医療費を計算するには、厚生労働省が定めている点数によって計算しなければなりません。そのため専門的な知識が必要とされています。国家資格は必要ありませんが、専門知識がないとできないのでスクールや専門学校に通って民間の資格を取得することが多いようです。通信講座を受講して、必要なスキルを身に付ける人もいます。

それから医療事務は、患者の応対も主な仕事の1つになります。初診時には患者に問診票を渡して記入してもらったり、診察の受付などを行います。保険証を確認したり、患者を診察室に案内したりすることもあります。それから患者のカルテを作成したり、診察後の会計なども行います。小規模なクリニックの場合には、清掃などの作業を行うこともあります。

一口に医療事務といっても担当する業務によって内容が変わることも多く、大規模な総合病院の場合には分業制になっていることも多いようです。例えば、会計の担当者は会計のみの業務しか行わないといったことがあります。それに対して小規模なクリニックの場合には、幅広い業務を担当することが多くなっています。

どんな人に向いている仕事なの?

医療事務の主な仕事は診療報酬を計算することなので、基本的な数字の計算を理解していることが非常に重要です。最近はコンピューターに入力すれば自動的に計算してくれることが多いですが、基本的な計算方法を分かっていないとミスがあった時などに対応することができません。

そのためある程度の計算力が必要になります。計算ミスが多かったり、数字が苦手だという人はあまり向いていないかもしれません。

それから医療事務には正社員としてフルタイムで働いている人もいますが、パートタイムで働いている人もいます。平日の午前中だけ働きたいとか週に3日だけ働きたいといったニーズに対応したおすすめ求人も多数あります。プライベートを充実させたいという人でも働くことができるので、女性に人気です。

ただし、診療報酬の請求などは期限が決められているので、後回しにするといったことはできません。期限内に作業を終わらせる必要があるので、責任感が求められます。

医療事務は患者と触れ合うことも多いので、コミュニケーションスキルがある人も向いています。病院やクリニックでは、診察する医師よりも接する機会が多いこともあります。

患者の話をきちんと聞いた上で、適切に対応することが求められます。特に患者が費用について聞きたいという時には、医療事務のスタッフが対応することが多くあります。専門用語などが多いと患者が理解できないこともあるので、分かりやすい言葉を選ぶことが大切です。

また、病院やクリニックには子供や高齢者など意思の疎通が難しい人が訪れることもあります。最近では、日本語があまり話せない外国人が訪れることも増えてきています。そういった時に最初にコミュニケーションを取るのは医療事務なので、相手の言いたいことをきちんと理解する能力も必要になります。

ですから医療事務は、人と接するのが好きだったり話を聞きだすのが上手な人が向いています。接客が苦手という人は向いていません。

この仕事の魅力は?どんな資格が必要?

医療事務の魅力は、将来性や安定性が見込めることです。日本は高齢化社会を迎え、医療業界はますます拡大していく傾向にあります。景気に左右されることもないので、おすすめ求人を探せばすぐに見つかる可能性も高くなります。出産後も長く働き続けられる職業なので、女性に人気があります。

それから医療事務は患者と触れ合う機会が多いので、患者の反応がダイレクトに伝わりやりがいがあります。医療機関を受診して最初に接した人で印象が左右されてしまうことも少なくありません。接客が悪いと訪れなくなってしまうこともありますが、またここに来ようという気持ちにさせることもあります。

医療事務として働くには国家資格は必要ありません。民間団体や認定学校などが認定している資格があります。それには、日本医療教育財団が行っている医療事務技能審査試験や技能認定振興協会の医療事務管理士、日本医療保険事務協会の診療報酬請求事務能力認定試験などがあります。

いずれも専門学校やスクールの講座を受講することで受験資格が得られるようになっています。資格がなくてもおすすめ求人に応募することはできますが、資格を持っていた方が合格する確率は当然高くなります。

まとめ

医療事務は女性に人気の職業で、医療機関で受け付け業務を行ったり診療報酬の計算などをするのが主な業務になります。診療報酬を計算する必要があるので、計算力は欠かせません。責任感も求められます。

また、患者と接することが多いので、コミュニケーションスキルも必要です。人と話すのが苦手という人は、あまり向いていないかもしれません。それから医療事務は景気に左右されることがほとんどない職業です。

少子高齢化の日本では医療業界自体が拡大傾向にあります。そのため安定性や将来性もあるので、女性に人気があります。医療事務として働くのに国家資格は必要ありませんが、民間資格を取得しているとおすすめ求人などに応募して採用されやすくなります。

仕事・働くカテゴリの最新記事