派遣で働くメリット・アルバイトやパートとの違いを徹底解説!

派遣で働くメリット・アルバイトやパートとの違いを徹底解説!

派遣社員とパート、アルバイトの違い

派遣社員とパート、アルバイトの大きな違いは雇用形態にあります。派遣社員は派遣会社に雇われて勤務先で働きますが、パートやアルバイトといった契約社員は勤務する会社で期間を定めて直接雇用され、給料や保険の手続きも全て勤務する会社でおこなうことになります。

パートやアルバイトなどと呼び方は異なりますが労働基準法上は直接雇用されている労働者であることに変わらず、正社員との違いは定年退職があるかどうかです。これに対し、派遣社員は派遣会社に雇われ勤務先で働くため、給与の支払いや保険の手続きはすべて派遣会社とやりとりになります。

どこで働くのか、どれくらいの期間勤務するのかを会社と相談して決めることになり、派遣期間が終了しても次の勤務先は会社が探してくれるので自分で次の職を見つける手間や心配はありません。

これに対し契約社員は定められた雇用期間が終了し次回契約更新されなかった場合は自分で次の職を探さなくてはいけません。

派遣社員のメリット

派遣社員のメリットとしてあげられるのは、自分の希望する条件で働けるということです。働きたい職種や勤務時間、勤務場所など自分の生活スタイルに合わせて仕事を探すことができるので、なるべく残業のない職場で働きたい、土・日は必ず休みたいといった要望がある人は希望通りの働き方を探すことができます。

さまざまな企業や職種で働くことで視野を広げ経験を積むことができるのものメリットです。同じ職種でも異なる企業で働くことで技術を磨くことができますし、今までに培ったキャリアを活かして更にステップアップできる職場を探すことも可能です。

将来に役立つ資格を取りたいと考えたとき、資格取得に有利な経験を積むことのできる職場を紹介してもらって働くこともできますし、逆に経験がないけれどチャレンジしてみたい、働いて見たい職種があるなどの要望も会社に相談すればサポートしてくれ実現することができるかもしれません。

また、派遣社員だと勤務する職場での人間関係の煩わしさがあまりありません。正社員やパート・アルバイトといった契約社員だと職場で嫌なことがあっても人間関係をこじらせるので周りに相談しにくい、参加したくないイベントにもなるべく参加しなくてはいけないなどプレッシャーがありますが、派遣社員だと会社の行事に参加する義務もありませんし、人間関係に困ったときも会社に相談すれば勤務先との間に入って問題に対処してくれるのでストレスをためずにすみます。

派遣社員のデメリット

比較的自由度の高い働き方ができる派遣社員ですがデメリットがないわけではありません。キャリアアップの機会や自由を奪うことがないようにするため派遣期間には上限がありますが、それが逆に勤務先に不都合な場合もあり、気に入った職場で長く働きたいと思っても上限期間以上は働けないことが多いようです。

また職場によっては未経験だと時給が安くなりますし、直接雇用のパートやアルバイトと違って交通費が別途支給されないというデメリットもあります。一見して時給が高くても交通費が含まれているため実際の金額は思っていたより安いということもあります。

まとめ

派遣社員としての働き方にはパートやアルバイトにはない自由度があり、希望する職種に就きやすい、経験を積める、キャリアアップに役立つ、人間関係の煩わしさが少ないといった利点があります。

一方で派遣期間には上限があり長く働けない、直接雇用の従業員と待遇が違う、未経験者だと時給が安くなるといったデメリットもあります。パートやアルバイト、派遣社員と働き方はいろいろありますが、一番いい働き方はこれだと一概に決めることはできません。

どういった働き方が自分にあっているのか、今自分が求めているのは収入なのかプライベートの充実なのか、将来どうしたいのか、目標を達成するには今どうすることが必要なのかなどを考え数ある選択肢の中から現在の自分に合った働き方を探すことが大切です。

仕事ノウハウカテゴリの最新記事